みんな大好きなあの食べ物に発がん性物質が含まれていることが判明!!

AMI88_konobamukuhenoisisugi1264500

日本人の死因第1位である「がん」

 

生活習慣とも関係があるため、

タバコをやめたり塩分を控えめにしたり、

野菜を摂るように心がけたりと

健康に配慮している方も多いのではないでしょうか?

 

しかしいくら気を付けても、身の回りには

発がん性物質があふれています。

 

明らかに添加物たっぷりのカラフルな食べ物ではなく、

ただ材料を調理しただけのシンプルな料理であっても、

「熱を加える」という工程で発がん性物質が

誕生することが最近の研究で判明しました。

 

その物質の名前は「アクリルアミド」

発がん性のほかにも、大量に食べたり触れたりすると

神経障害を起こすことがわかっています。

 

炭水化物を多く含む原材料を120度以上で加熱調理すると

誕生する発がん性物質です。

 

炭水化物を120度以上、ということは、

油で揚げたりオーブンで焼いたりする料理が

当てはまるということ。

 

この「アクリルアミド」を多く含む食品をご紹介。

 

「ポテトチップス・フライドポテト」

主に炭水化物でできているジャガイモを油で揚げた

シンプルな食べ物ですが、

アクリルアミド生成に必要な条件をばっちり満たしています。

 

ポテトチップスよりもフライドポテトのほうがアクリルアミドの

濃度が高くなる傾向です。

 

ポテトチップスやフライドポテトは農林水産省や

外国の調査・分析においても、

多くのアクリルアミドが含まれていることが

指摘されています。

 

「ケーキ・パイ」

原料に小麦粉を使っており、オーブンで高温調理されるケーキやパイ類も

ポテトチップスに並ぶほど高濃度のアクリルアミドが検出されています。

 

「インスタントコーヒー」

高温で焙煎された食品にもアクリルアミドが高濃度で含まれています。

 

アクリルアミドは水に溶けやすい性質を持っているので、

インスタントコーヒーだけではなく、ほうじ茶や麦茶といった

焙煎した豆から抽出した飲み物にもアクリルアミドが含まれていることが

確認されています。

 

ポテトチップスやフライドポテト、

ケーキやパイが体によさそうなイメージは

ありませんが、体にいいイメージがあるコーヒーや麦茶にまで

発がん性物質が含まれているなんて、恐ろしいですね。

 

加熱調理でも、茹でたり蒸したりするとアクリルアミドは生成されず

含まれていたとしてもごくわずかになることが報告されています。

 

農水省はアクリルアミドの危険性について指摘しており、

食品メーカーや外食産業に「国民にアクリルアミドの摂取を控えさせる」

ように通知していますが、ポテト系は原価は安いけど注文が多く入る

いわゆるドル箱。

 

消費者に対し、アクリルアミドの危険性はほとんど伝わっていません。

メーカーは健康被害より儲けが優先、ということなのかもしれませんね。

皆さんはどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る