朗報!!「1日1食」で不老長寿!?たけし、タモリも実践!!

日本ではここ数年健康ブームだが、

最近は有名人がファスティングなどの

健康法をしていることから断食系の健康法が

話題になっている。

 

ファスティングとは「断食」のことだが、

朝食だけ抜くというお手軽なものが

流行ってきている。

 

朝の時間帯は「排泄」にあたるそうだ。

その時間、消化のためにエネルギーを使ってしまうと

きちんと排泄できなくなる。

 

朝食べないというだけで、

しっかり排泄できるということは

体内の毒素も排出できるということなのである。

 

ダイエット目的というよりも、

美容・健康のためというものらしい。

実際これを実施している有名人は

小池栄子さんや、福山雅治さん、

EXILEのATSUSHIさんなど、

男性、女性問わず美意識の高い人だ。

 

さらに「1日1食」というものが超大物芸能人が

やっているということでこれもさらに

話題となっている。

 

元は「1日1食」という本が昨年2月に出たのが

きっかけだ。

著者は体を温める健康法で有名な

石原結實医師だ。

 

さらにこの秋には

「やってみました!1日1食!!」

という本まで出た。

こちらはジャーナリストの船瀬俊介氏。

船瀬氏は以前にも

「3日食べなきゃ、7割治る!」を出版している。

 

1日1食もまたダイエット法ではない。

不老長寿の方法だそうだ。

itiniti

実践している有名人には、

タモリさんや、ビートたけしさん

水谷豊さん、落合博満中日GM

など中年以降の面々をはじめ

他には白鵬も。

 

白鵬はもともと若いが、みんな年齢よりも

若く見えるので説得力がある。

 

厚生労働省では一日3食を推奨しているが、

実践していると夜も熟睡でき、疲れにくくなるという。

たけしさんやタモリさんを見ていると

うなづける。

不規則な仕事だというのに、

いつもイキイキしている秘訣はここにあったのだ。

 

それは「長寿遺伝子」に秘密があった。

空腹ストレスがおきると生体は

長寿遺伝子をオンにし、

内臓や細胞を保護しようとするらしい。

 

この1日1食生活だが、

その人のライフスタイルに合わせて

1日2食にしたり、食べ過ぎた翌日だけ

実施するなど臨機応変にすればいいらしい。

 

ただし、これは育ち盛りの子どもや

妊婦さんは避けたほうがよいそうだ。

 

この健康法で元気な中高年が増えれば

無駄な医療費も減る。

 

いいことづくめだ。

 

あなたも実践してみる?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る