ナースが聞いた「死ぬ前に語られる後悔」トップ5

554547_378812195579500_1255631305_n

 

1.「自分自身に忠実に生きれば良かった」

「他人に望まれるように」ではなく、

「自分らしく生きれば良かった」という後悔。

後悔の言葉の中でも、これが最も多かったそう。

 

2.「あんなに一生懸命働かなくても良かった」

男性の多くが、この後悔をするとのこと。

仕事に時間を費やしすぎるのではなく、

もっと家族と一緒に過ごせば良かった、という後悔。

 

3.「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」

世間でうまくやっていくためには

自分の気持ちをある程度押し殺す必要がある。

しかしその結果、可もなく不可もない存在で終わってしまった。

 

4.「友人関係を続けていれば良かった」

人生最後の数週間に、人は友人の本当のありがたさに気付く。

このときに、もっと友人関係を大切にすれば良かった、

という後悔をするそう。

 

5.「自分をもっと幸せにしてあげれば良かった」

「幸福は自分で選ぶもの」ということに

死期を間近にして気付く人がとても多い。

変化を無意識に恐れ、「選択」を避けていた人生に気付いて

後悔したまま人生を終えてしまう。

 

あなたは、どう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る