性格で「なりやすい病気」がわかることが判明!!

PAK24_kazehiitakamoshirenai1343500

 

病気の原因は何でしょう?

 

生活習慣もありますし、遺伝的な要素もあります。

そこに人の性格があっても、おかしくないですね。

 

真面目な人はストレスを抱えこんで血圧も高めになりそうだし、

逆におおらかな人は長生きしそう。

 

というわけで、アメリカのミシガン大学が

「人の性格の違いで、かかる病気に傾向はあるのか?」

という研究を行いました。

 

同大学が行ったのは、

性格の特徴と疾患の関係を長期にわたり追跡調査したもの。

 

6904人の米国人男女、平均68歳、過去2年の間に

医師にかかった人を対象にアンケートで性格傾向を分析。

4年後、どのような疾患にかかったのかを調査しました。

 

性格は大きくわけて

「外交的」

「お人よし」

「誠実・勤勉」

「オープンマインド」

「神経質」

の5種類。

 

さて、その結果は?

 

「外交的」

物事に対してポジティブで積極的、

イベントで盛り上げ役になれるタイプの人は、

高血圧になりにくいという結果でした。

 

「お人よし」

妥協しても他者と良好な関係を持とうとする、

思いやりがあるタイプの人は、

関節炎になりにくい傾向があります。

良好な人間関係が、病気予防に一役買っているのかもしれません。

 

「誠実・勤勉」

一生懸命働き、信頼感があり、目標のために努力できる

このタイプの人は、病気から身を守れる傾向があります。

脳卒中、高血圧、糖尿病、関節炎などにかかる確率は低めという結果。

 

「オープンマインド」

好奇心旺盛で想像力が豊か、新しいアイデアを試すことも

大好きなこのタイプの人は、脳卒中や高血圧になりにくい傾向が。

心臓病や関節炎にもなりにくいようです

ストレス軽減のためのアイデアも豊富なのが要因かも。

 

「神経質」

神経質な人は繊細で怒りや不安といった感情を持ちやすく、

鬱になることも多いのが特徴。

このタイプの人は病気になりやすい、という結果に。

心臓疾患や肺疾患を始め、すべての病気のスコアが

高めになりました。

 

性格の差は、男性より女性の方が「外交的」「お人よし」「誠実・勤勉」

「神経質」度合が高く、

年齢が上がるほど「外交性」「神経質」「オープンマインド」度が下がる傾向が

見られたそうです。

 

また結婚している人のほうが、良心的で誠実、

精神状態も安定している傾向だったそう。

 

穏やかな心で過ごしている人のほうが

病気になりにくいというのは確かなようですね。

 

皆さんはどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る