【FIRE!!】知らない外人が「ワンオク」をパクッてるとツイッターで話題に

20141013224949

 

キリンビジレッジの缶コーヒー「FIRE」の

CMソングが、ちょっとした話題になっています。

 

リニューアルにあわせ、この10月から

新CMを流しているFIREですが、

その背景に流れている音楽が「パクリではないのか」と

ツイッターで指摘されました。

 

その曲のタイトルは「To Feel The Fire

今回CMで歌っているのは、スティービー・ワンダー

 

これの何が問題なのでしょう?

しかし、無知とは恐ろしいものです。

 

「To Feel The Fire」という曲は、

若者にとってはワンオクの曲、という認識のようです。

 

日本のロックバンド「ONE OK ROCK」、

通称ワンオクは若者に絶大な人気を誇り、

代表曲「The Beginning」は動画サイトでの視聴数が

2700万回を超えるほど。

 

問題となっているFIREのCMソングは、

そのワンオクの2011年のシングルに

カップリング曲として収められている曲

 

というわけで、ツイッター上では、

「FIREのCMソングはワンオクの曲が使われている」

「でも知らない外国人が歌っている」

「スティービー・ワンダーがワンオクをパクっている」

「カバーじゃなくて本家のワンオク流してよー」

という反応が。

 

が、

ある程度、年齢が上の人なら、このCMソングを聞けば

ピンとくるはず。

 

今回、FIREのCMソングとして流れている曲は、

FIREというブランドが新設されたときに

キリンがFIREのために用意したCMソングで、

作曲者はスティービー・ワンダー。

 

むしろパクっているのはワンオクのほうなのです。

 

「To Feel The Fire」はスティービー・ワンダー以外にも

矢代亜紀をはじめ、Gacktや鈴木雅之 、奥居 香、五木ひろしなど

様々なアーティストがCM上で披露しており、CMだけに留まらず、

曲そのものも当時大ヒットしました。

 

ワンオクが「To Feel The Fire」を

カバーするのは別に問題ないとしても、

スティービー・ワンダーを「知らない外国人」とは

ものすごい指摘ですね。

 

ところでこの「To Feel The Fire」ですが、

スティービー・ワンダーは自分の曲が商業使用されるのは

好まなかったそうなのですが、

キリンから「不景気にあえぐ日本人の心に火をともしてほしい」

という依頼を受けて引き受けたのだそうです。

 

さて、スティービー・ワンダーを知らない世代の

この反応について、皆さんはどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る