「さよなら学習院」プリンセスたちの選択

739d0157

 

今年8月に学習院大学を退学された

秋篠宮家の次女佳子さま

このほど、国際基督教大(ICU)のAO入試に合格され、

来年4月から教養学部アーツ・サイエンス学科に入学する予定です。

 

佳子さまは昨年4月に学習院大学に進学され、

2年生の今年に「新たな学びの場を持ちたい」として

同大学の退学を決意。

 

学習院はもともと華族の子弟のために作られた学校で、

当然、華族のトップ・皇族の子弟も通います。

皇族は学習院へ。

 

逆に、皇族を受け入れられる態勢を整えられるのは

学習院だけでした。

 

最近は「皇族は学習院でなければならない」という

わけでもなくなっているようです。

特に大学に関しては、学習院以外への進学を

希望される皇族の方々が増えています。

 

佳子さまの姉、眞子さま国際基督教大に進学されていますし、

高円宮家の長女、承子さまは学習院大を経て早稲田大学

高円宮家の三女、絢子さまは城西国際大学へ。

 

また、佳子さまの弟である悠仁さま

幼稚園からお茶の水女子大の付属に通われているので、

皇族としては初めて小学校も学習院以外で学ばれているのです。

 

そしてついに、皇太子夫妻の一人娘である

愛子さまも学習院から出ていくのではないかという噂が

浮上しました。

 

愛子さまは現在、学習院女子中等科1年生。

1学期後半から「不規則登校」をされています。

 

定刻に登校するのではなく、午後になってから

登校するというスタイルで、

定期試験も欠席されているご様子。

 

授業も、愛子さまがおひとりだけで特別授業を受けており、

そのことを耳にした美智子さまも心配されているといいます。

 

愛子さまはなぜ不規則登校になってしまったのでしょうか?

 

実は、皇太子ご夫妻は愛子さまを特別扱いしないでほしいと

学習院側に希望したにもかかわらず、中等科での特別扱いが

目に余るようになり、愛子さまが同級生たちとの間に

距離ができてしまったようなのです。

 

雅子さまはこのことで学習院に不信感を持っているご様子で、

もともと愛子さまは大学は学習院以外へとお考えだったのですが、

その計画を前倒しする考えをお持ちなのだとか。

つまり、愛子さまも高校は学習院以外の可能性があるのです。

 

皇族の方々が次々と離れていく学習院。

かつては学習院だけが皇族が通える学校でしたが、

その立場にあぐらをかいてしまったのでしょうか。

それとも、時代の流れについていけなかったのでしょうか。

 

皆さんはどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る