衝撃すぎる!!危険ドラッグ使って人格崩壊するレベルがマジキチ

her444-jpp017535422

 

今年に入り、危険ドラッグを使用したことよる

事故が多発しています。

 

危険ドラッグは、覚醒剤ではありませんが、

その効用は覚醒剤以上と言われています。

 

しかし、危険ドラッグは販売時の外見が

「お香」「アロマ」「バスソルト」というように、

オシャレなためか、

2000年ごろから若者の中では人気になっているためか、

覚醒剤には抵抗ある人でも、手を出しやすい雰囲気を

持っています。

 

今年に入り、危険ドラックを吸引したことによる

自動車の事故が相次いだため、その危険性が知られるように

なりましたが、

販売業者と行政はイタチゴッコを繰り返しており、

依然として危険ドラッグは出回っている状態です。

 

しかも危険ドラッグは、わずかな間にどんどん進化しており、

すぐに新しい成分のものが登場。

 

販売業者ですら「何が使われているのかわからない。

吸ったらどうなるかもわからない」というほど

恐ろしい進化を遂げている危険ドラッグですが、

幻覚症状に関しても覚醒剤以上と言われています。

 

実際に使用すると、どんな幻覚症状が現れるのでしょうか?

神奈川県警がまとめた資料の一部をご紹介します。

 

3階から飛び降り、近くの塀やフェンスを破壊。

その後、自分がした大便を食べた。

 

体内に異物を入れられたと思いこみ、

包丁で自分の腹を切り裂いて

腸を引っ張り出した後、

小腸がはみ出た状態のまま走り回った。

 

「大きなものが体の中に入ってきて、抑えきれない」

「皮膚の下に無数のダニがいる」

など、体の中に何かが入り込んだとして暴れる。

 

壁の中から音が聞こえ、中に死体があるようだと

ドライバーを壁に突き刺す。

 

誰かに追われている気がして車を暴走させ、

次々と車に衝突、複数台を巻き込む事故を起こす。

 

いかがでしたか?

こんな症状が出る危険ドラッグ、

おもしろそうだからと試してみたいですか?

皆さんはどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る