<生活保護>家賃・医療費減額・・・それだけでいいのか!?

財務省が2015年度の予算編成で

生活保護費を引き下げる案

27日に財政制度等審議会で示した。

seiho

生活保護の受給者が増え続けているのが現状だ。

なぜ雇用状況が改善してきているのに、

受給者が増えているのか。

 

減額はもちろん、受給者が増えている原因も

なくさなくてはいけないのだ。

 

生活保護費には年金のように

上限が決まっているわけではない。

私たちの税金からまかなわれているのだ。

だからこそ、しっかりと無駄なものを省いてもらいたい。

 

生活保護費の受給者は今年7月現在で

216万人もいる。

過去最低だった1995年の2.5倍にもなる。

生活保護費は3.8兆円!!(そのうち国費は2.9兆円)

 

今回の削減対象になるのは、

受給者の家賃などに対する「住宅扶助費」

「医療扶助費」だ。

 

「住宅扶助費」については地域や世帯ごとに

基準額が決まっているが、実際は

生活保護受給者の家賃平均が

年収300万円未満の低所得者の家賃平均よりも

2割ほど高くなっているのだ。

 

なぜちゃんと働いているのに、働いていない

生活保護受給者の方が家賃が高いところに住めるのか。

かなり矛盾している。

他にも冬季の暖房費などに備えるための「冬季加算」

沖縄でも加算されていたり、多くの地域で必要額を

上回っているという実態もある。

子どもでもわかる矛盾だ。

なぜ今まで放置されてきたのか。

 

「医療扶助費」ではジェネリック医薬品を利用することで

削減するという。

 

しかし、これは生活保護受給者を利用した

不正な診療報酬を得ている医療機関もあり、

なかなか徹底しにくそうだ。

そこをなんとかできればかなり削減できそうだが・・・。

薬をジェネリックに替えるくらいで

大幅な削減は期待できないだろう。

 

当の受給者にとって、削減されることは辛いことだが、

実際に働いていても低所得な人に比べれば

まだましなのだ。

困るのなら働けばよい。

 

何らかの事情で働けなくてどうしようもない人も

中にはいるが、生活保護を受けながら、

パチンコに通ったり、タバコを買ったりする人もいるのも

事実だ。

 

そのあたりの見極めも必要なようだ。

削減といってもまだまだ政府の努力は足りない。

 

本当に必要な人にだけ必要な分だけ

支給すればよいのだ。

 

生活保護費には他にも矛盾点がたくさんあるのだ。

どんどん改善していってほしい。

 

みなさんは生活保護費削減についてどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る