【悲報】イスラム国から見たら日本人も奴隷対象だった!

data

 

イスラム国が過激さを増しています。

イスラム国は国と名乗っていますが、

もちろん本物の国ではありません。

 

国家を名乗るには国連の承認が必要で、

国連はイスラム国の行為を強く批判していますので、

国家として認められることはないでしょう。

 

そもそもイスラム国とは、

タリバンを追放された過激派武装集団です。

 

さて、このイスラム国で「奴隷制度」が復活しました。

奴隷の対象は支配地域に住むイスラム教徒ではない

少数派の異教徒たちです。

 

イスラム国の指導者は、

預言者ムハンマドの時代が理想だったと考えています。

7世紀ごろですね。

当時は奴隷制度があったので、奴隷制度はOKなのです。

 

イスラム法では、ユダヤ教徒とキリスト教徒の奴隷化を禁じています。

イスラム教では、神が最初に送ったメッセージがユダヤ教に、

次に送ったメッセージがキリスト教になり、

最後に預言者ムハンマドを通じて送ったメッセージが

イスラム教になったとされています。

 

つまり、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教は同じもの

であり、名前や教えが違うのは、進歩の過程でのこと。

同じ神の教えですから、その信徒は尊重すべきで、

奴隷化は神学的にはNG

 

逆にユダヤ教でもキリスト教でもなければ奴隷化OK

 

イスラム国には世界各地から人が参加しています。

その大半が男性で、イスラムでは結婚相手以外との性的な

関係を禁じているので、彼らに妻を与える必要があるのです。

 

ニュースで見るイスラム国のあれこれは、

日本から見ると遠い世界の出来事のように感じ、

ほとんどの人が対岸の火事として見ているでしょう。

 

しかし、イスラム教でもなければ

キリスト教でもユダヤ教でもない日本人は、

イスラム国から見れば奴隷の対象なんですね。

 

かといって日本人が今すぐ奴隷にされるのかというと、

そうではありませんが、

現地ではイスラム教徒ではない、という理由だけで

奴隷にされた少女たちが、

毎日のように暴力残虐なレイプを受けています。

 

彼女たちはイスラム国の戦利品であり、

市場で買えるヤギ程度としてしか扱われません。

 

皆さんはどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る