二刀流・大谷翔平が来季も二刀流で球界を沸かせる!

日本のプロスポーツ界には、大スターが不足しています。

国内でプレーする選手には、名前だけで客を呼べる選手が少ない。

名前だけで客を呼べるのは、卓球などの個人種目くらいでしょう。

野球界・サッカー界にスターが不在で、

共に視聴率・観客動員数で伸び悩んでいます。

そんな中、野球界のスター候補として

真っ先に名前があげられるのが、

北海道日本ハムファイターズ所属の大谷翔平です。

 

img_414e1ec9059524b65519877ba923203c242280

 

高校時代から投打にわたって活躍し、

3年時には投手として160キロを計測。

甲子園でもホームランを打ちました。

野球漫画でよくありがちな、

「エースで4番」

をプロで実現できる存在として注目を浴びた大谷は、

高校卒業後にメジャー挑戦する意志が固く、

ドラフトで指名されても入団は難しいとされていました。

その理由の一つは、彼が二刀流でプレーすることを望んでいたこと。

投手としても野手としても

練習を重ねていかなくてはいけない二刀流は、

体への負担が大きいこと、前例がないことから

現実的ではない!として批判されてきました。

球界のご意見番・張本勲は強い口調で反対していましたね。

そんな彼は日本ハムに指名され、

球団から二刀流を支援するという条件を得た上で入団。

1年目から野手・投手として新人離れしたパフォーマンスを披露し、

今年は最優秀防御率争いに加わるなど、

高卒2年目とは思えない成績を残しました。

パリーグで最も人気のある選手と言っても過言ではなくなりました。

しかし、いまだに二刀流を疑問視する声が多く、

プロ入り3年目となる来年は

どちらかに絞るのでは?と噂されていたのです。

しかし、日本ハムは大谷の二刀流継続を宣言。

野球界を、スポーツ界を盛り上げるため、

大谷のポテンシャルに賭ける決断をしたのです。

今後のスポーツ界を引っ張る活躍を、大谷には期待したいですね。

 

 

あなたは、このニュースについてどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る