杉村太蔵がグダグダな演説を披露し、失笑を買うw

小泉チルドレンとして国会議員になり、

現在はタレントとして活動している杉村太蔵。

 

ref_l

 

タレントとして精力的に活動する傍ら、

パチンコ屋の営業で荒稼ぎするなど、

充実した日々を送っているようです。

先日、

「バカでも資産1億円『儲け』をつかむ技術」

という本の出版記者会見が行われ、

杉村太蔵がグダグダな演説を披露。

赤っ恥をかいたらしいのです。

報道陣を前に笑顔で登場した杉村。

早速気の利いたおもしろトークを展開します。

「この本の印税は全て日本株に注ぎ込みます!」

「私が日本株を支えます!」

威勢の良いトークにご満悦の杉村と、

いい記事が書けそうだな、とほくそ笑む報道陣。

どんどんテンションが上がる杉村は、

あまりにも高いハードルを越えようとしてしまいました。

それは、ノーベル賞。

 

「自慢話という人はまず出世できない。

人生における災いは成功へのビッグチャンス。

これと同じことはノーベル賞を取った誰かも言ってましたよ。

えー…誰だっけ……えっと、知識が薄くてスミマセン…」

 

無事、教養の無さを露呈してしまいました。

まあ、ちょっと可愛らしいミスではありますが、

報道陣は失笑していました。

頭が良さそうに振る舞おうとして、赤っ恥をかいた杉村。

でも、良い宣伝にはなったと思います。

買う人が増えるかどうかはわからないけど。

そもそも、杉村は本が売れなくても痛くも痒くもありません。

だって、タレントですから。

タレントで稼げなくなっても、パチンコ屋の営業を増やせばいい。

かなり気楽な立場です。

「バカでも資産1億円『儲け』をつかむ技術」は、

自伝的な内容が含まれていますので、

杉村太蔵の人生に興味がある人は読んで損はしないと思います。

どういう意味で興味が有るのかで、

評価は変わってきそうですが……。

 

あなたは、このニュースについてどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る