【朗報!】ルパン三世が30年ぶりにテレビシリーズに!

05a01dc5

 

ルパン三世がリバイバルブームの予感です。

 

ルパン三世といえば、モンキー・パンチ原作のコミックで、

アニメでもおなじみ。

今年は実写化もされ、小栗旬がルパン三世を演じました。

 

そしてついに、30年ぶりにテレビシリーズとして

帰ってくることが判明。

 

あれ、ルパンはしょっちゅうテレビでやってるイメージだけど?

そう思いませんか?

 

確かにルパン三世は毎年のように映画や長編アニメが

制作されていますし、

CMなどでも起用されているので久しぶりな感じはないですね。

 

しかし、実は、ルパン三世のテレビシリーズは、

1984年~1985年にかけての「ルパン三世 PARTⅢ」が最後。

テレビシリーズでの復活は、

実に30年ぶりになるのです。

 

アニメを手掛けるのは1971年から1972年にかけての

シリーズ第1作から手掛けるトムス・エンタテイメント

新シリーズの総監督は、

「ルパン三世 ルパンVS複製人間」「ルパン三世 カリオストロの城」

などで原画を担当した友永和秀

 

原作者のモンキー・パンチも

「新しいアニメーション・シリーズのスタートに、

わくわくしています。ルパン三世の活躍に期待しています」とコメント。

 

友永氏も「わくわくするアニメーションを作りたい」と意気込みを

語っています。

 

物語の舞台はイタリアサンマリノ共和国

イタリアはわかるとして、サンマリノってどこにあるんでしょう?

 

サンマリノ共和国はイタリアの中東部に位置する

世界で5番目に小さな国で、

世界で現存する最古の独立共和国です。

ちなみに、現存する世界最古の立憲君主国は日本です。

 

周囲はイタリアで囲まれ、住民はイタリア系、言葉もイタリア語、

ということなので物語はイタリア半島ということになるのでしょう。

 

新作の舞台と関係があるのか、

ルパン人気が特に高いイタリアで来春から世界に先駆けて放送の予定で、

日本でも放送される予定ですが、放送局や時期は未定になっています。

 

ところで怪盗ルパンはフランス人で、

ルパン三世はそのアルセーヌ・ルパンの孫という設定ですが、

出自は日仏混血。

 

そのルパン三世がなぜイタリアで人気なのか不思議ですが、

二世、三世と名乗るには父や祖父と名前が同じということでもあります。

 

ルパン三世の本名は不明ですが、このことからアメリカでは

「アルセーヌ・ルパン三世」という名前に、

フランスでは著作権問題を避けるために

「エドガー」という名前に変更されています。

 

30年ぶりに戻ってくるテレビシリーズ。

ルパン三世の活躍に期待ですね。

 

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る