ブラジル戦で4失点したGK川島がブラジルで笑いの種に……

14日にシンガポールで行われたサッカー・日本対ブラジルの試合。

ブラジルの至宝ネイマールが4得点を記録し、

4-0でブラジルが勝利しました。

日本にとっては様々な課題が浮き彫りになり、

収穫は少なくありませんでしたが、

ブラジルでは、

日本のGK川島永嗣が笑いの種になっているというのです。

13112066

イギリス・ガーディアン紙の寄稿している

ジャーナリストのフェルナンド・ドゥアルテ氏によれば、

日本代表の弱点は精神的な脆さだといいます。

元日本代表監督のジーコは、

「日本の選手はイライラすると精神的にもろくなる」

とフェルナンド氏に語っていたそうです。

この試合中、日本の選手は常に怯えているように見え、

当然の試合結果だろうとフェルナンド氏は語っています。

特に、GK川島永嗣へのコメントは辛辣な内容です。

試合中、川島は常に怯えたプレーをしていて、失望した。

今後、ブラジルで笑いの種になるだろうと語っているのです。

確かに、川島のプレーは質のいいものではありませんでした。

南アフリカ大会では大活躍した川島。

現在も海外組として代表チームを引っ張る存在です。

しかし、近年はミスが多く、失点機会が増えています。

そんな川島を上回るGKが出てくるわけでもないので、

今後も暫くの間、川島がGKを務めることになるのでしょう。

しかし、この試合を見ていると、

GKが川島では強豪と互角に戦えないのでは?と思ってしまいます。

それだけの酷いプレーでした。

ネイマールが素晴らしいという事を忘れてはいけませんが、

川島のミスによる失点が2つありました。致命的なミスです。

今後、川島に対する風当たりは厳しくなることだと思われます。

そして、日本代表チーム目線を強いられていくでしょう。

アギーレジャパンの初勝利はいつになることやら……。

 

あなたは、フェルナンド氏のコメントについてどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る