母乳にはすごい力があった!?それは一体!?

bonyuu

最近は出産後に母乳が出ないという人が多かったり、

最初は出ても量が少なく

保健師などに勧められるがままに

ミルクを足す→出なくなる→諦める、

保育園に入れるために

早めにミルクに切り替えるなどで

母乳で育つ子どもが

減っているような気がする。

 

びっくりするのは胸の形が悪くなるからと

最初から母乳を飲ませない

という人もいるというのだ。

 

しかし、母乳にはすごい力があることが

東京医科歯科大学の研究で判明した。

 

それは母乳に多く含まれる栄養成分である

脂質が、脂肪を燃やす働きのある

遺伝子を活性化させるというのだ。

 

研究チームは脂肪を燃焼させる遺伝子を

活性化させる機能を持つたんぱく質に着目し、

乳児期のマウスの肝臓で詳しく調べた。

 

脂肪燃焼に関わる遺伝子が

脂肪を多く含む母乳を与えしばらくすると

活発に働いた。

このたんぱく質により脂肪を燃焼させる

遺伝子が活性化するということが

わかったのだ。

 

脂質が豊富な母乳で育てると

このたんぱく質が機能しやすくなるということは

わかっていたが、遺伝子レベルでの仕組みが

初めて解明されたのである。

 

母乳に含まれる脂質は乳児にはもちろん、

成人してからの健康にも

深く関わっている可能性があるそうだ。

 

この研究チームの小川佳宏教授(内分泌代謝学)は

乳児期の栄養を調整することで

将来生活習慣病になる可能性を減らすなど

新たな医療の手がかりとなると話している。

 

さらに、驚くのはこの大学の研究ではないが、

長く母乳を飲んでいた子ほど

認知能力が高くなる

という研究もあるということだ。

 

WHO(世界保健機関)は

2歳以降まで母乳を継続することを推奨している。

 

母乳には栄養的な利点以外にも

母親にも子どもにも安心感、幸せな気持ちを生み、

その安心感があるからこそ

親子のいい関係が続くのだろう。

 

年齢に関わらず子どもが自然におっぱいから

離れるのを待つ「卒乳」は少しずつ広がっているようだ。

 

少しずつ母乳育児が見直されているようだが、

働くお母さんや母乳が出にくいという方には

なかなか難しい。

 

しかし、母乳が出ているのであれば

親の都合などでやめるよりは

子どもがもういらないというまで

飲ませてあげたいものですね。

 

皆さんは母乳育児についてどう思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る