ドラマ「地獄先生ぬ~べ~」の公式掲示板がすごいことに!

73eb619b

 

 

10月に入り、各テレビ局で秋の新作ドラマが始まっています。

注目度が高いのは、月9としては初の時代劇である「信長協奏曲」

小栗旬の主演です。

 

また日テレの水曜10時枠の「今日は会社休みます。」では、

以前、干物女を好演した綾瀬はるかが、

今回は地味で真面目で恋愛に臆病な「こじらせ女子」に。

 

そして同じく日テレ土曜9時からの

「地獄先生ぬ~べ~」も放送前から注目されていた作品の一つ。

 

こちらも前二つと同じく原作がコミックですが、

コミックスの販売実績は2000万部を超え、

すでにアニメ化もされている大ヒット作品。

 

ドラマ化にあたり、原作では主人公は小学校の

先生でしたが、高校教師に変更されています。

その他にもドラマならではの変更点が数々ありますが、

原作が20年近く前の作品なので、仕方ないところではあります。

 

が、

そんな「地獄先生ぬ~べ~」の内容が、

初回からひどすぎるとネットでは大炎上

 

「来週から30分短縮スペシャルにしろ」

「50分経っても本編が始まらない」

「数話で打ち切りだな」

などなど、批判の嵐。

 

ツイッターや掲示板での酷評は今に始まったことでは

ありませんが、「ぬ~べ~」ではなんと

酷評が公式掲示板にまで及んでいるというから

驚きです。

 

普通、公式掲示板には検閲があり、マイナスイメージのコメントは

掲載されないものですが、

今回は「アクロスティック」という

技法を用いて投稿されています。

 

アクロスティックとは文章の最初の言葉を繋げて

1つの文章にするという方法で、いわゆる「縦読み」のこと。

 

投稿された内容は一見、

ドラマを褒めているように見せかけて、

 

「うんこドラま」

「打ち切り待機じよんおろせ」

「うちきりたいキ」

 

などなど、実は酷評しているという具合です。

 

批判の内容を見てみると、

やはり原作とは設定や物語がかけ離れてしまったことが、

原作を知る世代の不評を買う原因になっているよう。

 

あまりのひどさに炎上狙いなのではという

憶測も飛んでいます。

 

とはいえ、この枠のドラマは小学校高学年くらいの

子供たちも見るので、「子供向け」を意識した作品作りを

しているのかもしれません。

 

そして、原作を知らない子供たちには、

楽しい作品と映っているようなので、

子供向け作品としては成功しているのかもしれませんね。

 

皆さんはどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る