なぜ!?太陽光発電が、売電できなくなる!? 

taiyoukou

今再生可能エネルギーの売電を巡って

混乱が起きている。

 

電力会社5社が再生可能エネルギーの

買取制度で新たな受け入れを中断したのだ。

 

発電事業者はもちろん、

売電のために屋根に太陽光パネルを設置した

マイホームを購入した住宅建設の施主にまで

影響を及ぼしている。

 

マイホームを購入した人は、

太陽光パネルから得られた売電収入を

住宅ローンの返済に組み込んでいる人も多数いる。

そんな人の中には今回のことを受けて

住宅の引渡しを受けない施主もいるということだ。

 

特に問題が深刻なのは九州地区だ。

売電の受け入れを保留したのは、

出力10キロワット以上での設備で

通常の住宅の屋根に乗せる程度の

ものは対象にはならないそうだが、

九州では天候が安定しており、

日照が期待できることから、

10キロワット以上の住宅が

他の地域よりも多いのだ。

 

九州で10キロワット以上の太陽光発電が

できる契約済みの住宅は1200件に登るという。

 

他の電力会社の管内では、

対象のワット数が50キロワットで

個人宅ではほぼ不可能な数値であったり、

北海道などでは10キロワット以上が対象であるが、

日照時間が少ないため、10キロワット以上の

契約をする人はあまりいないため、

あまり問題にはなっていないようだ。

 

なぜ電力会社が新規受け入れを中断したのか?

それは発電事業者らから送られた電力を

全て受け入れた場合、送電網の安定を

保てない可能性があるからだそうだ。

 

太陽光発電付きの住宅というと

自宅の電気はもちろん、

売電できるというメリットがあるからこそ、

少々お金がかかっても

できるだけ大きなワット数を発電できるように

している人がほとんどだろう。

 

10キロワット以上の住宅の

平均的な売電収入は2万円から3万円である。

 

受け入れをしてもらえないとなると

余った電力が無駄になる。

必要以上の太陽光パネルを買った

その代金も無駄になるのだ。

 

私は送電網の安定を保てないというのは

なんじゃないかと思う。

 

電力会社は今必死で

原発の再稼動をしようとしている。

 

どんどん太陽光発電で電気を作られては

困るのだ。

再生可能エネルギーのみで賄えるということに

国民が気づいてしまうと

原発が再稼動できなくなるから。

 

そう思ってしまうのは私だけだろうか。

電力の送電網とやらがどんなものなのか

素人の私にはわからない。

 

だけど、そんなシステム、

日本人の技術ならなんとかなりそうなものだが・・・。

 

九州の10キロワット以上の太陽光発電住宅の

契約をした人たちが報われることを祈る。

 

あなたは太陽光発電についてどう思う?

 

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る