傍若無人 SEKAI NO OWARI に近隣住民大迷惑!?その原因は?

sekaowa

4人組の人気ロックバンド

SEKAI NO OWARIが

共同生活している住宅に

苦情が寄せられていると話題になっている。

 

近隣の住民は、

3日に1回は午前3時、4時にバカ騒ぎをし、

寝られないほどうるさい。

警察に注意してもらうも、

全然直らないとほとほと困り果てているようだ。

 

他の住民からは

ペットボトルとかタバコの吸殻が

家の前に散乱している。

この辺じゃあいつらに向けて

ごみは所定の場所に

と張り紙がしてあるほど。

みんな迷惑している。

早く出て行ってもらいたい。」

と怒り心頭だ。

 

この「セカオワハウス」は

都内の閑静な住宅街にある。

地上3階、地下1階で土地面積180平方メートルで

赤茶色のレンガ造りだ。

 

1月26日には「情熱大陸」で

「セカオワサウンズ」が生まれる場所として

紹介され、ファンの間では話題になっていた。

 

音楽関係者によると、1階は共用のリビング、

2階、3階は個人の部屋、

地下はピアノなどの楽器があり、

作曲活動はそこでしているそうだ。

 

なぜ、彼らは警察に注意されながらも

そんなに傍若無人な振る舞いをするのか。

その原因は今のセカオワハウスに移る前の

セカオワハウスでの生活にあった。

 

音楽関係者によると、

彼らは、大田区の印刷工場跡地に

手作りのライブハウスで生活していた。

楽器を弾けば音が響き渡るような場所だった。

 

しかし、大家の女性は

彼らの才能を買っていたため、

苦情が入っても彼らのCDを聴かせ、

「こんなに頑張っているんだから

ごちゃごちゃいわないでください。

私が責任を持つ」と矢面に立って

かばってくれていたという。

今のセカオワがあるのは

大家さんとその当時の

近隣住民のおかげだという。

 

しかし、近隣住民に騒音を我慢させ、

人に迷惑をかけながらでなくとも

実力があれば成功できたのではないだろうか。

 

成功すれば、

家の前にごみを散らかしてもいいのか?

深夜に騒いで警察沙汰になってもいいのか?

 

しかもメジャーデビューをきっかけに、

現在の豪邸に引っ越したが、

実はその豪邸は偶然三宅裕司さんが

以前住んでいた家だったのだ。

 

そのため、ご近所の方は

三宅裕司の劇団の若い連中が

騒いでいると誤解し、

「三宅さんがしっかりしないから

若い人たちが騒がしくするのよ。

ちゃんと叱ってもらいたいですね。」

ととばっちりを食っているのである。

 

どこまで人に迷惑をかけるのだか・・・。

 

セカオワももうオワリだな。

 

あなたはどう思う?

 

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る