【泣ける】都道府県魅力度ランキング最下位は、2年連続○○県!!

20130430022919e2d

日本にはいろんなランキングかあります。

ケーキのランキング、鍋の種類のランキング、

混雑する駅のランキング、

とにかくなんでも順位づけができるものには

ランキングが存在しているといっても過言ではないほど。

 

そして都道府県にもランキングがあります。

一口に都道府県といっても、面積やら人口やら

比較するものはたくさんありますが、

今回は「魅力度」ランキング。

 

このランキングは、ブランド総合研究所が毎年、

国内1000の市区町村及び47都道府県を対象に、

認知度や魅力度、イメージなど全74項目からなる

調査をしたもの。

今年で9回目になります。

 

2014年度の魅力度ランキング第1位は、北海道

6年連続の首位です。

 

世界遺産も自然もおいしいものもいっぱい、

観光地だって目白押し。

 

2位は京都府

千年の歴史を持つ都の知名度は海外でも抜群です。

 

3位は沖縄県

青く透き通る海と空は本土ではお目にかかれないものなので、

本土の住人にはあこがれの存在です。

 

さて、では「最も魅力がない」とされた都道府県は、

いったいどこでしょう?

東北か?

山陰か?

四国か?

 

実は、関東。

茨城県でした。

2年連続でぶっちぎりの最下位

魅力度に相関の高い観光意欲度も6年連続で最下位。

 

なぜ茨城には魅力がないと思われるのでしょう?

 

茨城には、関東平野を一望できる「筑波山」や

銅製では世界最大の牛久大仏

ひたち海浜公園などの観光地があります。

 

グルメだって、

水戸納豆は全国的に有名。

メロンも生産量日本一。

レンコンも生産量日本一。

 

あんこう鍋もあります。

また茨城のあんこうは身が締まり、上質なもので、

茨城でとれたあんこうのあん肝は皇室にも献上されていました。

 

また茨城出身の有名人だってちゃんといます。

女優の栗山千明は土浦出身、野球選手の井川慶は大洗出身。

 

しかし茨城の魅力をこうして並べてみると、

確かに素材は素晴らしいのに、

インパクトに欠けているというのも事実かもしれません。

 

これは県も認めるところのようで、

最近、茨城県は公式に自虐ネタに走っています。

2013年に最下位になったときは公式サイトで

47位の県? 上等でございます」と開き直り。

 

ただし、茨城県は住みやすさランキングでは上位

ランクインしています。

茨城県民の皆さん、嘆く必要はありません!!

 

皆さんは茨城県の魅力について、どう思いますか?

 

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る