【仁川アジア大会】ボクシング疑惑の判定に新造語「韓国する」の意味とは?

boxing

 

韓国・仁川で行われたアジア大会

選手の活躍以上に大会運営の不手際や、

おかしな判定などが取り沙汰されています。

 

特にボクシング韓国有利の判定ばかりで、

選手ばかりか、ボクシングに選手を送り込んだ国の

国民まで怒り心頭。

 

30日に行われたボクシング男子・バンタム級準々決勝の試合では、

モンゴルの選手が試合を有利に進めているように見えましたが、

韓国選手に0-3の判定で敗れました。

 

この判定を不服としてモンゴルは国際ボクシング協会に

申し立てを行いましたが、受理されませんでした。

 

この試合に関しては朝青龍も怒り爆発、

自身のツイッターには韓国に対する悪口雑言が。

しまいには「靖国神社に参拝するぞ」とまで。

 

女子ライト級の準決勝では、インド選手が同じく

韓国選手に0-3の判定で敗れています。

 

こちらもインドのサリタ・デビ選手

有利に試合を進めていました。

そしてまさかの判定に、デビ選手は表彰式で

銅メダルの授与を拒否

 

自分の銅メダルを、判定で勝った韓国選手の首にかけ、

「この銅メダルはあなたと韓国のもの。あなたには銅メダルしか似合わない」

と発言したといいます。

 

その後、韓国人選手は銅メダルをデビ選手に返しましたが、

デビ選手は表彰台にメダルを置き去りにして立ち去りました。

 

この行為について、国際ボクシング協会はデビ選手を厳しく非難し、

懲罰の対象に。

 

当然ながら韓国内では、「不満なら表彰式に出てくるな」と

デビ選手に対する批判が吹き荒れていますが、

この一連の出来事が普段ならアジア大会など話題にもならない

アメリカのネットでも注目を集める事態になっています。

 

「この不正に立ち上がってくれてありがとう。あなたは真のヒーローだ」

「本当のチャンプはサリタ・デビだ」

「銅メダルを返したことで、サリタ自身はダイアモンドになった!」

 

など、主にデビ選手をたたえるコメントとともに、

 

「韓国する=不正する」という新しい造語も誕生したもよう。

 

なお、この女子ボクシングの判定に関しては、

当のインドだけではなく、

一部の韓国人も「おかしいのでは」という反応を示しています。

 

わかる人が見ればおかしな判定の続出の背景には、

やはり何らかの力が働いていると見るべきでしょう。

 

皆さんはどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る