斬新すぎる!!中国の乳がん啓発キャンペーン

上半身裸のオジサン集団が

 

純白のブラジャーをつけて、

 

縄跳びでピョンピョン飛び跳ねていた!?

 

 

驚きの画像が公開され

ネットで話題を呼んでいる。

 

その問題の画像がこちら。

 

乳がん

 

 

一体何を言っているんだ?

 

これは一体何をしているんだ?

 

と怪しいと思う方も多いだろうが

 

これは、2014年9月17日に

実際に中国で激写された光景なのだ。

 

 

このイベントではパッド入りのブラをつけ、胸を膨らませた

40~50代くらいの男性10名

縄跳びをしたりモップがけをしたり

バケツで水を運んだりしているという。

 

その主役がオッサンであることを除けば

その様子はまるで

グラドルの撮影会か何かのようだったとか。

 

 

問題は

この怪しげなイベントが何なのかということだろう。

 

 

実はこれ、

乳がんの啓発キャンペーンだったのだ。

 

乳がん2

 

 

10月の乳がん撲滅月間を迎えるにあたり

とある病院が行った啓発キャンペーンなのだが

関係者いわく

「乳房は、女性特有の臓器であり、

それを失うということは心に大きなダメージを与える。

この病院では

乳がんによって失ってしまった

乳房再建治療の理念を普及させるため

パッドを付けて生活がいかに大変かを知ってもらおうとイベントを行った」のだそう。

 

実際に体験した男性は

「女性というのは本当に大変だと思いました。

切除手術をしてしまったら、もっと辛いでしょう・・・・」

と感想を述べたという。

 

このキャンペーンについては

中国のネットユーザーから

「素晴らしい試み」と称賛する声がある一方

「変態だ!!」という冷ややかな意見も挙がっている。

 

まぁ、インパクトが大きかったことだけは間違いない。

10月の乳がん撲滅月間に向け、知名度が上がり

乳がんの予防等について考えるきっかけになれば

このキャンペーンの意義は達成されたと言えるだろう。

 

全世界で乳がん撲滅のユニークなイベントは行われているが

この中国のイベントの内容について

皆さんはどう思うだろう。

 

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る