超ヤバイ!! ポテトチップスやフライドポテトに有害物質てんこ盛りだと判明!!

chips03

 

ポテトチップスやフライドポテトは体に悪い、という報告が、

実は2002年にされていました。

 

そう聞いても「カロリーが高いから?」「油分が多いから?」

程度にしか思いませんよね。

 

ポテトチップスもフライドポテトも、ただジャガイモを油で

揚げただけのシンプルな食べ物です。

 

とはいえ、ただジャガイモを薄くスライスしただけとか、

ジャガイモを細長くカットしただけ、というわけではありません。

ということは、体に悪いものは加工途中の添加物?

それとも揚げ油に問題が?

 

どれも違います。

実は、原材料のジャガイモに問題があったのです。

 

ポテトチップスやフライドポテトには有害物質が含まれています。

その有毒物質の名前はアクリルアミド

 

アクリルアミドは接着剤や塗料、紙・繊維などの仕上げ剤のように、

主に工業製品に使われているものです。

もちろん、人体に有害で、中枢神経麻痺を起こすことがわかっています。

また、動物実験では発がん性があることも確認されているという、

恐ろしい物質なのです。

 

これがなぜポテトチップスに含まれるのでしょう?

ナウシカのように世界的な土壌汚染がすでに発生しており、

ジャガイモも汚染されてしまっているのでしょうか?

 

というわけではなく、ジャガイモに含まれるアスパラギンという

アミノ酸が高熱で加熱される間に、アクリルアミドに変化してしまうのです。

しかも、このアスパラギンがアクリルアミドに変化するのは、

100℃よりも高い温度で加熱調理された場合に限るのです。

 

つまり、ポテトチップスやフライドポテトなどの油で揚げる

ジャガイモ料理には、人体に有害なアクリルアミドが

多く含まれていることになるのです。

 

この事実が発見されたのは2002年で、

WHOや日本の厚生省もジャガイモを高温調理した食品に

含まれるアクリルアミドが健康に重大な影響を与えることを

発表しました。

 

そしてこのことはもちろん、2002年に報道されています。

しかし、ほとんどの方が「そんなニュース聞いていない」と

思われるでしょう。

 

それは新聞やテレビなどのメディアでの扱いが小さかったためです。

ポテトチップスやフライドポテトといえば、

外食産業や食品メーカーにとって欠かせないヒット商品です。

 

こうした企業はマスコミにとって、大スポンサーなので、

ダメージを与えるような報道は行えません。

というわけで、大々的な報道を控えようと自主規制を行ったのです。

 

この自主規制は今でも続いています。

農林水産省は2013年に食品関連事業者向けに

「食品中のアクリルアミドを低減するための指針」を

出しています。

 

ジャガイモを高温調理した食品にはアクリルアミドが大量に含まれるため、

業者は消費者の健康リスクを減らすように努力してください、

という内容の指針なのですが、

要するに客に出す量を減らしてくださいということなのです。

 

しかし、外食産業やお菓子メーカーは、ポテトの加工品に対し

「食べ過ぎると健康を損なうおそれがあります」という告知を、

今まで一度でも行っているでしょうか?

 

含まれているのは発がん性物質であるにも関わらず、

相変わらずおいしそうな商品開発にいそしんでいるのでないでしょうか?

売上を伸ばすために。

 

皆さんはどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る