神戸不明女児 腐敗臭で発見 容疑者も!?

今月11日、神戸で行方不明になっていた

小学1年の生田美玲さん(6)と見られる遺体を

23日午後4時10分、捜査員が発見した。

koube

遺体発見現場は

神戸市長田区長田天神町の雑木林。

美玲さんの自宅から近い。

 

この現場近辺は捜索していたが、

未捜索であった。

捜査員が腐敗集に気づき、

複数のポリ袋を見つけたという。

ポリ袋は大人の腰ほどある草むらの中に

点々と置かれていた。

 

うち1つから子どもの頭部を確認。

手のようなものもあったという。

 

24日午前、その遺体がDNA鑑定により、

美玲ちゃんということが確認された。

 

美玲さんは11日2時45分頃下校。

15分後には自宅近くの祖母宅に置かれた

ランドセルを母親が確認している。

祖母宅で着替え、外出した。

 

同級生と遊ぶ約束をしており、

3時15分頃に同級生宅近くのコンビニの

防犯カメラに日傘をさして歩く美玲さんの姿が

映っていた。

しかし、同級生とは会えず、1人で歩く姿が

目撃されている。

 

その後も名倉幼稚園や交番近くにいるところが

目撃され、5時半頃には自宅から600m離れた

大丸山公園南東側の交差点から下り坂を南に向かい、

県立高校のグラウンドの横を歩いているのを

目撃されたのを最後に消息を絶っていた。

 

翌日の12日には公開捜査をし、

延べ2500人もの捜査員を導入し、

自宅周辺、空き家、ビル、駐車場の車の下など

念入りに捜索していた。

 

どうしてこのような事件が絶えないのか。

殺害し、遺体を切断するということを

平気でする人間がまだ平然と生活しているのかと

思うと怒りがこみ上げる。

 

昔なら、幼稚園児や小学生低学年の子が

公園などに一人で遊びに行くことは

珍しくなく、こういう事件も少なかった。

 

しかし、今は本当に恐ろしい世の中になってしまった。

お友達と約束していたとはいえ、

まだ6歳、きちんと親がどこに行くかなどの

把握をするべきだし、

常に子どもにどこに行くかなどを

親に知らせるなどの教育をしなければならない。

 

普段から一人で歩いているのを

見かけていて、目をつけられていた

という可能性も高い。

 

きっとDNA鑑定で美玲ちゃん本人だということが

わかった今、ご両親の気持ちを考えると

いたたまれない。

 

しかし、こういう猟奇的な殺人を減らすためには

もちろん犯罪者を減らすのが当然のことだろうが、

それは不可能に近い。

 

防衛するしか今のところ手段はないのだ。

もう少し、子どもの外出に関する約束を

しっかりしなければならない。

 

特に、小学校低学年以下の子どもに

関しては、多少過保護になるかもしれないが、

親が目を離してはいけないのだ。

 

悲しいことだが、今の世の中は

非常識すぎる事件が多発している。

 

事件に巻き込まれないためには、

過保護といわれようが、

常に目を離さないことだ。

家の前で遊んでいるなら、

家の中から声を意識して聞くことだ。

 

常に子どもがいる場所を

把握しておかなければならない。

本当にいやな世の中になってしまった。

 

現在、容疑者らしき近所に住む47歳の男に

事情聴取がされているようだ。

早く解決してほしい。

 

あなたはこの事件、どう思う?

 

 

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る