なくなったら困るWEBサービス第1位は○○!!

MIMIYAKO85_ukiwaboy20140726500

 

日本に初のWEBサイトが登場したのが1992年

1996年にYahoo! Japanが設立され、

1999年に2ちゃんねるが登場しました。

 

WindowsXPの登場した2001年以降、

それまでダイヤルアップが主流だった接続が

常時接続に変わり、家庭にパソコンが普及してきました。

そして今や一家に一台は当たり前で、

一人一台の時代になってきています。

 

その一方でスマホタブレットも普及して、

もはやインターネットは生活になくてはならないものに

 

30代以上の方は、ネットのない時代の記憶もありますが、

もう後戻りはできないと感じているのでは。

 

さて、そのWEBサービスの中でなくなったら困るサービスとは

いったいなんでしょうか?

 

全国の20~60代の男女500名に、

「もし、提供が止まったら一番困ると思うWEBサービスを教えてください」

というアンケートを実施したところ、

第1位はヤフーでした。

 

1位 ヤフー:33.6%

2位 楽天:18.8%

3位 Google:13.0%

4位 LINE:8.8%

5位 Amazon:8.0%

 

検索はもちろん、ポータルサイトとしてなんでも欲しい情報がそろっている

ヤフーは生活に密着しているとも言えます。

 

検索サイトとしては抜群の信頼度を誇るGoogleですが、

わざわざ検索をかけなければならないので、

ヤフーに及ばずでした。

 

2位の楽天は、男性のほぼ2倍の支持を女性から獲得しており、

女性にとっては、なくてはならないネットショッピングサイト、ということが判明。

全体では4位のLINEは、20代ではトップでした。

 

さて、どの年代もどっぷりWEBサービスに

依存していることがわかったところで、

「Facebook・LINE・Twitter、やめるならどれ?」という

アンケートも実施したところ、

 

1位:Twitter:32.3%

2位:Facebook:29.3%

3位:LINE:18.5%

 

となりました。

 

Twitterがトップなのは、自分がやめても見たい人の

ツイートは見ることができるので、

情報収集には困らないという点が挙げられます。

 

現代の人にとって生活になくてはならないものになったインターネット。

しかし依存しすぎも恐ろしいものです。

嘘を信じ込んだり、デマに踊らされる可能性もあるので、

ネット上の情報は鵜呑みにしないことが大切です。

 

皆さんにとって「なくなったら困るサービス」は何ですか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る