閲覧注意。怪奇現象起こす「呪いの絵」


祖母が屋根裏で25年間保存していた「もだえ苦しむ男」と名付けられた呪いの絵。
祖母の話によると、この絵の作者は絵を書き上げてすぐに自殺したそうで、絵の具には作者の地が混ぜられているそうだ。
孫にあたるロビンソンさんが祖母の死後に、この絵を譲り受けた所、奇妙な現象が続発。
定点カメラで撮影した映像をご覧下さい。

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る