テレビ初潜入!!115年間立ち入り禁止の人工島

115年間

一般の立ち入りを禁じていた人工島に

初めてカメラが入った。

 

 

人気グループ「TOKIO」の看板番組

「ザ!鉄腕!DASH!!」

(日本テレビ系/日曜午後7時)で

東京湾最後の無人島と言われる国有地

「第二海堡」

テレビで初めて上陸したことが分かった。

 

第二海堡

 

 

人気企画「DASH海岸」の一環として、

国土交通省の許可のもと、

城島茂と山口達也が生態系調査などを行った。

自然豊かな東京湾を取り戻すことを目的とした

「DASH海岸」の取り組みに賛同した

国土交通省が「生態系の調査なら」と許可したらしい。

 

DASH海岸

 

 

さすがTOKIO!

さすが鉄腕!DASH!

と言うしかない。

 

 

ところで、「第二海堡」とは、

千葉県富津市を住所にもつ

東京湾に浮かんだ人工の無人島である。

明治時代に帝都防衛のため、

つまり外国から東京を防衛するために造られた人工島で、

現在は国土交通省が管理し保護文化財に指定されている。

 

古くから、豊かな漁場として知られてはいたが、

一般人の出入りは禁止されていた。

そんな手つかずの自然の中で

城島と山口は貴重な生物の姿を求め、

驚くべきその生態に迫る。

また、普段は見ることのできない

旧日本軍の施設跡や史的建造物なども紹介されるので必見だ。

 

 

この真相は

9月28日に放送の

「ザ!鉄腕!DASH!!3時間スペシャル」

(日本テレビ系/午後7時)で明らかになる。

 

今年CDデビュー20周年を迎えるTOKIOが

日本テレビの各番組とコラボする

「TOKIOスペシャルDAY」

最終日でトリとなる同番組だが

山口は

「DASH海岸で東京湾を知り尽くしているつもりでいたけれど、

こんな無人島があるとは。

しかも人工の島ということで、さらに驚いています。

(スペシャルDAYの)最後を飾るにふさわしい

記念となる初上陸です」とアピールしている。

 

 

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る