カロリーメイト紛争に終止符!?新味はまさかの○○!

calorie_mate

忙しい時、小腹がすいた時、栄養足りてるか不安になった時、

おそらく誰もが一度は食べたことがあるカロリーメイト」。

 

大塚製薬が1983年に世に送り出したバランス栄養食には

現在、固形のブロックタイプと液体の缶タイプ

ゼリータイプがあります。

 

ブロックタイプにはチーズ・フルーツ・チョコレート・ポテト・メープルの5種類、

缶タイプにはカフェオレ・コーヒー・ココア・コーンスープの4種類。

ゼリータイプはアップル味のみ。

 

豊富なフレーバーに「どの味が一番おいしいか」議論の的にもなる

カメリーメイトですが、そのブロックタイプの味の勢力図を

塗り替えるかもしれない最強の新味が、32年目にして登場です。

 

その味の名は、

プレーン

 

言われてみれば、カロリーメイトにプレーン味はなかったんですね。

どうしてなかったのでしょうね?

 

発売当初はチーズ味しかなかったブロックタイプですが、

84年にフルーツ味、一番人気のチョコレート味は93年の登場。

大塚製薬によると、売れ筋2位はフルーツ、3位にメープル、

4位チーズ、5位ポテトという順だそうです。

 

最も新しい味は2009年のメープル味の発表後、研究者たちは

「5大栄養素を誰でも手軽に摂取できるカロリーメイトの本質を追究したい」

という原点回帰への思いから、シンプルさにこだわったプレーン味を開発。

 

今回、満を持してプレーン味の登場ですが、

カロリーメイトの原点はチーズ味だったんですね。

 

さて、カロリーメイトといえば英語で書かれた

スタイリッシュなパッケージデザインが特徴的でもあります。

このデザイン、発売当時から変更が行われていません

 

表に英語で書かれてあるのは、カロリーメイトの

裏面の商品説明・栄養成分表示なので、

海外でも流通しているのかと思いきや、海外で生産することが

技術的に難しいため、日本国内で生産しており、

国内でしか手に入らないものなんです。

 

カロリーメイトの新味「プレーン」は、

カロリーメイト紛争の終止符となるのでしょうか?

それともカロリーメイト紛争の新時代幕開けとなるのでしょうか?

 

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る