妖怪ウォッチが抜かれた?!新作ゲーム続々

今や、

爆発的な人気となった妖怪ウォッチ

 

子どもだけではなく大人までもが夢中になり

アニメ・ゲーム・グッズなど

ものすごい勢いで売れまくり、

それとコラボする店が多発している。

作れば売れる、

まさにフィーバー状態だ。

 

 

ファミ通調べによると

7月度の月間ゲームソフトランキングで1位

同じく8月度も

「妖怪ウォッチ2 元祖/本家」

(2014年7月10日発売/DS)が

2か月連続の1位となった。

 

同ソフトは月間で58.3万本を売り上げ

ニンテンドー3DS用ソフトとしては

歴代4位となる232.1万本に達したという。

 

週間販売本数ランキングでも7週連続1位を記録し

前作「妖怪ウォッチ」(2013年7月11日発売/DS)と共に

売れ行きは好調のようだ。

 

 

しかし、

続々と追い上げてきているソフトも多い。

 

2014年8月25日~8月31日分に該当する

メディアクリエイト発表の

週間ソフト・ハードセールスランキングによると

「妖怪ウォッチ2 元祖/本家」は8週目にして

ようやくトップの座を明け渡し

3位に後退している。

 

代わって該当週のセールスランキングの最上位についたのは

新作

「ペルソナ4 

ジ・アルティマックス

ウルトラスープレックスホールド」

(PS3)だ。

ペルソナシリーズは根強いファンも多い

大人気ゲームである。

ペルソナ4

 

 

 

 

次いで2位につけたのが

こちらも新作「討鬼伝 極」(PSV)だ。

2013年に発売された「討鬼伝」の続編である。

討鬼伝

 

まだまだ9月期には注目のソフトが控えており、

全作品ミリオンヒットの大人気シリーズ

「大乱闘スマッシュブラザーズ」

9月13日に発売になるとあって

その期待は大きい。

 

しかし、

妖怪ウォッチは12月の映画公開も予定されているため

まだまだ年末にかけて再度盛り上がりを見せるだろう。

下火になりつつあると言いながら

やはりその人気は未だに広がりを見せている。

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る