とても気になる! 左右の目色が違うネコの秘密とは

Cat_Eyes

 

左右の色が違う目のことを「オッドアイ」といいます。

オッドアイの「オッド(Odd)」とは奇数、不揃い、半端な、片方の、

というような意味を持つ言葉です。

 

さて、オッドアイを持つ生き物といえばネコです。

オッドアイは虹彩異色症ともいい、左右の眼の虹彩色が異なっていたり、

ひとつの瞳の虹彩の一部が変色していることです。

虹彩異色症という名前ですが、病気などではなく、

単に「左右の色が違う状態」のこと

医学的に言い回すとこうなります。

 

ところで、オッドアイのネコってかっこいいけど、

どんなネコがオッドアイになるんでしょう?

 

実は、

ネコのオッドアイは毛の白いネコや、

白い毛が多いネコに出やすいものなんです。

 

日本では昔から、黄系と青色の目を持つネコを「金目・銀目」と呼び、

縁起のよいものとしていました。

シャム猫の原産国タイでは、オッドアイの猫を

「ダイヤモンドの瞳」とも呼んでいました。

オッドアイは珍しいので、珍重されていたのです。

 

ところでオッドアイを持つネコは、青い目側の耳に聴覚障害を持つことがあります。

発生率はおよそ3割から4割ほど。

両側が青い目のネコは、両耳とも聴覚障害を持ちます。

これは「白色遺伝子」の仕業だと考えられています。

白色遺伝子はすべての色を覆い隠して白色にしてしまうことから、

ネコ本来の毛色を隠してしまうので「マスキング(遮蔽)遺伝子」とも呼ばれています。

 

白色遺伝子には色素の細胞メラノサイトがありません。

だから毛は白くなり、目は青くなります。

目が青く見えるのは、青色だからではなく色素が欠乏しているから

青く見えるのです。

 

メラノサイトが欠乏すると、音を感じ取る器官「コルチ器」がうまく形成されません。

だから白色遺伝子を持つ白い毛のネコは、聴覚障害を持って生まれてきます。

オッドアイのネコも、白色が強い側に聴覚障害を持ってしまうのは

そのためです。

これはネコの話であって、人間には当てはまりません。

 

ところでネコ以外にもオッドアイは存在するのでしょうか?

イヌにも存在しますし、もちろん人間にも存在します。

人間だと、有名なところではアレクサンドロス大王

ブラウンとブルーのオッドアイを持っていたとされます。

日本人にもオッドアイの人は生まれます。

女優の奥菜恵は左目の眼球の色が半分ずつ違う色のオッドアイを持っています。

 

ネコのオッドアイが起こる仕組みがわかったとしても、

左右違う色の目の色というのは、やっぱり神秘的ですよね。

皆さんはどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る