デングウイルスに朗報!?ディズニーランドに学べ!!

今、代々木公園のデングウイルスに感染した蚊を

駆除する作業をしているが、

公園の総面積が

54万平方メートルもあり、

園内の蚊を駆除するのに

苦労しているのが実情だ。

さらに新宿中央公園でも

感染者が出ていることから

どんどんデングウイルスの蚊は

増え続けているようだ。

 

そんな中、

総面積が100万平方メートルもある、

東京ディズニーリゾートには

蚊が一匹もいないとして有名だ。

ディズニーランド

私もディズニーリゾートには行ったことがあるが、

確かに蚊に刺されたことはない。

夢の国で蚊に刺されたら

現実に戻ってしまいそうだが、

さすがディズニー。そんなところにまで

気を配ってくれていたのだ。

 

なぜ、ディズニーリゾートには

蚊がいないのか。

ディズニーランドやシーには木もあるし、

水場もたくさんあり、蚊が繁殖しやすい場所は

たくさんある。

 

それなのに蚊が発生しないのは不思議である。

運営元のオリエンタルランドの広報担当者によると

「蚊の対策として行っているわけではありませんが、

敷地内に水処理施設があり、

特殊な技術で水を浄化しております。

その結果として害虫等の発生が

抑えられています。

水に殺虫剤や塩素を

混ぜているのではありませんので

飲んでも人に害はありません」

ということだ。

さらに、蚊が嫌う高周波を流している噂もあるが、

そういうことも一切行っていないそうだ。

 

水処理の技術については「社内秘」ということであるが

この技術をなんとか教えてもらい、

代々木公園や新宿中央公園にも導入すれば

人体に有害な薬剤を散布しなくても

すむのではないだろうか。

 

それにしてもディズニーリゾートの

サービスはきめが細かい。

あらゆる場面を想定して、徹底したサービスを

していることは有名だが、

客が気づかないところにまで気を配っているとは

脱帽だ。

水処理は蚊への対策ではなかったにしろ、

結果としてディズニーランドには蚊が発生しにくい

状況が作られている。

乗り物を楽しんでいる間に蚊にさされたところが

かゆくて100%楽しめないなんて興ざめだ。

まぁ、蚊がたくさんいたとして、「仕方がない」で

済みそうなところだが、そこは夢の国。

やはりいないほうがいいに決まっている。

 

ディズニーリゾートのサービスは

素晴らしいと思っていたが、

ここまでくると最高だ。

 

あなたもまた夢の国に行きたくなったのでは?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る