月9初の時代劇に小栗「信長」&ミスチル

毎回視聴率20%と高視聴率をとっている

キムタク主演の「HERO」の次を担うフジテレビの

月9に小栗旬が主演となる

「信長協奏曲」が決まった。

nobunaga

「信長協奏曲」の原作は現代の高校生が

戦国時代へとタイムスリップし、ひょんなことから

織田信長の身代わりとなって生きる様子を

描いたユニークな歴史漫画で今年7月からは

フジテレビ開局55周年プロジェクトの一環として

「信長協奏曲」のアニメも放送されている。
このドラマの主題歌を手がけるのはロックバンドMr.children。

ミスチルの月9主題歌の書き下ろしは2001年の

「アンティーク~西洋骨董洋菓子店~」以来、

13年ぶりとなる。

原作漫画や台本を読み込んで書き下ろされた主題歌は

難産だったという。

作曲した桜井和寿さんは

何度も何度も手直ししてやっと「これだ!」という曲が

完成したとのこと。

「強さと優しさを併せ持つ

そんな曲を信長協奏曲からプレゼントされた、

そんな気持ちです。」とコメントしている。

 

また、1980年代後半頃から始まった

トレンディードラマから生まれた「月9」だが、

この「月9」枠で時代劇が放送されるのは初めてである。

おしゃれなトレンディドラマのイメージの「月9」だが、

今回の時代劇は視聴者からどのような反響があるのか

とても楽しみだ。

 

主演が小栗旬ということで、今までにない

新しい時代劇にとてもワクワクしてしまうのは

私だけではないはずだ。

 

フジテレビが開局55周年を記念して制作する

ドラマなだけに、とても壮大なものができるだろう。

時代劇ファンではなくとも、とても気になる作品に

なるのは間違いない。

普段、月9など見ない年代の人も見るだろう。

10月13日の放送日がとても楽しみだ。

連ドラ終了後には、同じく小栗旬主演で

映画化も決定している。

 

フジテレビの力の入れ具合に影響されて

他の局も「月9」には力を入れているのではないか。

今年の秋の「月9」は目が離せない。

 

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る