24時間舞台裏でドタバタ劇!?錦戸亮の出演に批判・・・

今年で37回目の24時間テレビ。

毎年24時間生放送ということでハプニングが続出する。

今年のマラソンは城島茂だったが、

いきなりコースを間違えて笑いを誘う。

さすがリーダーはやってくれる。

 

募金活動では「関ジャニ∞」の大倉忠義が

募金した女性に握手を求めると手を叩かれたのである。

ネットではその動画がアップされている。

しかしこの程度のハプニングならまだいい。

 

舞台裏では大変だったようだ。

メーンパーソナリティーに錦戸亮を選んだことだ。

7月に報じられた事件が原因である。

錦戸が赤西仁と山下智久ら、「赤西軍団」と一緒に

六本木で一般人グループとトラブルになり、

その様子を撮影した女性の携帯を盗んだスキャンダルのせいだ。

nisikido

しかし、日テレ側も関ジャニのメンバーの中で錦戸だけが

出演しなかったら騒動の影響だと一目瞭然であることに悩んでいた。

もし、抗議を恐れて、錦戸の出演を取り消したら、次は

関ジャニのファンからの抗議の電話が絶えなかったであろう。

どちらにしても抗議があったのだから仕方ないような気もするが・・・。

 

そして、日テレも抗議していた。

27日にネット上で

「寄付金に含まれるグッズ収益役30億円が消えた」

と報道されたことだ。

24時間テレビは毎年「感動と善意の押し売り」、

昨年は「嵐のギャラが5人で5000万円」だったなどと報じられ、

チャリティー番組なだけにギャラについての批判は絶えない。

しかし、今年からは募金活動は

「公益財団法人 24時間テレビチャリティー委員会」が担うようにしている。

サイト上でも逐一報告しているのに使途不明のように伝えられたことに対し、

弁護士を立てて、記事を削除させた。

 

何かと人騒がせな番組であるが、

チャリティーという番組なだけに世間の目は厳しい。

あれだけたくさん出演している芸能人のギャラが格安か0であれば

少しは信用してもらえるのだろう。

 

大金が絡んでくると悪い噂が出てくるのは

仕方のないことだと思うがあなたはどう思う?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る