パチンコの換金合法化で税収アップ!?警察「換金、まったく存じ上げない」!?

今自民党は日本が抱える借金を減らすため、

20兆円産業とも言われているパチンコ・スロットに目をつけている。

パチンコの換金時に

「パチンコ税」を課金するというものだ。

patinko

試算では「数百億から数千億円の税収が見込める」らしい。

しかし、現行の「風営法」ではパチンコを「遊技」としており、

出玉を換金するという行為は刑法では「賭博」に当たる。

しかし、実際にはパチンコの出玉を換金できてしまうという

仕組みが合法的にできている。

 

それはパチンコ店と客、景品交換所の3店方式で換金ができるのだ。

景品交換所がパチンコ店の外にあるのはそのためだ。

パチンコで出た出玉を客がパチンコ店で特殊な景品と交換し、

それを店と関係のない景品交換所が景品を買い取っているという仕組みで

警察側も容認しているのが現実である。

 

この三店方式のままであると、パチンコ税は取れない。

しかし、警察側はパチンコで換金するという賭博を認めなければ

パチンコ税が発生しないのである。

民主党議員が新しいパチンコ税について意見を求めたところ、

「パチンコで換金が行われているなど、

まったく存じ上げないことでございまして・・・」

と返答したという。

 

子どもでもそれくらい知っているのではないだろうか。

警察が賭博を認めることになってしまうが、借金だらけの日本は

一体どうしたらよいのか。

消費税上げられても暮らしはよくならない。

それなら娯楽で出た景品という名の換金に税金かけた方がよっぽど

効率がよいのではないだろうか。

警察官の中にもパチンコ好きな人はいるのではないだろうか。

警察はパチンコなどしないのか?

実態を知らないはずはないだろうに・・・。

 

いろいろと大人の事情はあるだろうが、なんとかパチンコ税導入に

こぎつけてもらって消費税がこれ以上あがらないようにしてもらいたい。

パチンコ愛好家には気の毒であるが・・・。

 

あなたはパチンコ税についてどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る