深夜帯のツイートに驚愕!マツコも驚きのその内容とは

月曜よふかし

 

25日放送の「月曜から夜更かし」(日本テレビ系)で

驚きのランキングが発表された。

 

同番組は毎週「○○な件」などと題して、

独自の調査で得た結果報告のVTRを鑑賞し、

MCの関ジャニ∞の村上信五とマツコ・デラックスが

トークを繰り広げていくのだが

今回取り上げられたテーマは

「人は夜中の2時になると

エロくなることが判明した件」

だった。

 

これを見ると、

ふむふむ、またくだらない事を調査したもんだ。

と思う方も多いだろう。

 

しかし、注目すべきはそこではなかった。

 

テーマの発表後に提示された、

Yahoo!Japanビッグデータレポートが調査した

「時間帯別総ツイートランキング」

驚くべき内容だったのだ。

 

調査によると

ツイート数は早朝5時台くらいが最も少なく、

徐々に増えながらお昼の12時台に一旦ピークを迎える。

その後夜に向けて再度上昇し、

22時台を頂点とする推移が一般的なサイクルのようだ。

そこで、

1日の各時間帯において、

特にツイート割合の高い言葉を調査した。、

 

午前中の主な時間帯は

比較的ポジティブで明るい内容の単語が上位を占めている。

正午から夕方にかけては食事に関する言葉や、

仕事終わりなどの疲れを思わす単語が増えてくる。

夜はプライベートな時間を楽しむような単語が多い。

そして問題の深夜帯。

 

2時~4時のそれぞれの上位の単語は

2時『怖い』②『エロい』、③『やかましい』

3時『まずい』、②『なんでや』、③『眠れない』

4時①『死ね』、②『変な』、③『どうして』

だった。

 

さすがにこれを発表した番組内では

マツコ・デラックスも

「朝まで起きていると人はおかしくなる」として

それぞれの深夜帯の上位単語に対して驚愕した。

さすがにこの結果にある種の恐怖さえ覚える。

 

 

この調査を通して

なかなか他のデータには表れにくい

人の「気持ち」や「感情」などの貴重なデータが抽出できた。

今後さらに分析を進めていく

としているが

 

不眠などによる深夜帯の気持ちの落ち込みは

ひどい時には精神的なダメージや疾患に繋がる場合もある。

 

やはり、夜は寝る方が人の心身にとっては良いことなのだろう。

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る