おやじの背中はどう見える? 杏と渡辺謙の壮絶な過去!

TBS系日曜劇場「おやじの背中」で24日、

渡辺謙東出昌大の共演が話題を呼んでいます。

この共演は、渡辺謙がOKしなければ

実現しなかったものだからです。

oyaji

渡辺謙と東出昌大に共通するもの、それは女優の「」です。

 

ごちそうさん」でNHKの朝ドラのヒロインを演じ、

知名度を抜群に上げた女優の

この「ごちそうさん」の中で、杏は東出昌大夫婦役を

演じました。

そしてこの共演をきっかけに、プライベートでも親交があります。

 

今は女優のイメージが強い杏ですが、

15歳からファッションモデルとして活動を始め、

2005年からは海外でもモデルとして活躍しており、

パリコレへの出演経験もあります。

 

杏が渡辺謙の娘であることは、今や周知の事実ですが、

杏は当初、父親のことは公表していませんでした

親の七光りと思われるのがいやだったのかもしれませんが、

杏と父・渡辺謙との間には壮絶な過去があることも、

原因になっているかもしれません。

 

杏が生まれたのは1986年で、杏が3歳の1989年に

父・渡辺謙が急性骨髄性白血病を発病。

以降、父は長い闘病生活を送ることになり、

その間に母親が精神不安定になって

新興宗教に傾倒します。

 

そして渡辺謙の病気が完治したことから、

ますます宗教にのめりこみ、

2億円という巨額の借金を背負ってしまいます。

 

この借金がもとで父・渡辺謙は母と

泥沼の離婚調停を経て2005年に離婚

奇しくも杏の世界デビューと時期が同じでした。

 

杏は兄とともに母親のもとに残ります。

そして、自分が学校に通っていると学費がかかって

借金返済ができないと、高校を中退

モデルとして働くことで、一家の大黒柱になることを決意します。

 

そして父親の名は明かさずに仕事を始め、

自力で海外へ渡ってパリコレデビューを果たしただけではなく、

現在は女優として確固たる地位を築きつつある杏。

返済義務はないにもかかわらず、母親の借金の完済もしました。

 

そんな杏から見れば、父親は、

借金から逃げ、家族を捨てたように

感じていてもおかしくないはずです。

 

しかし杏は父への恨みごとはほとんど表には出しません。

インタビューで聞かれたら、父とやり取りを少し話す程度です。

 

父と同じ俳優の道を歩み始めた娘は、距離ができてしまっても、

「俳優・渡辺謙と」いう父親の背中をきちんと見て、

評価しているのでしょう。

 

俳優としては一目置かれるようになった渡辺謙ですが、

父親としてはどうなのでしょうか?

父親としては、子供たちにどう思われているのでしょう?

 

渡辺謙も、今は距離を置いている娘のことは気にはなっていて、

娘のお相手ではと噂されている東出昌大を

自分の目で確かめてみたかったのかもしれませんね。

 

皆さんはどう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る