コンビニおでん戦争!勝負は夏で決まる?

最近では、冬限定の楽しみでもなくなってきている

コンビニのレジ前。

そう、おでんコーナー

 

肉まんやおでんは

冬の寒い時期にほっこりできるメニューとして人気だった。

しかし現在は

ほぼどの季節でも買うことができる。

嬉しいような、寂しいような。。。

 

 

ほとんどのコンビニが取り扱っているおでんだが

冬の本格シーズンに向けて

早くも熱い戦いが繰り広げられているという。

 

 

大手コンビニ各社では、

私たち消費者の気付かないところで

毎年リニューアルが図られ、

8月~9月にかけて

各社一斉に「その年の味」が出揃うのだとか。

リニューアルの決め手になるのが

「つゆのダシ感」ということで、

もともと1種類しかなかったつゆは

今では地域によって様々なダシの素材を使用し、

最大で7種類ものつゆがあるんだとか。

 

業界専門誌『コンビニエンスストア速報』編集長の清水氏によると、

コンビニ各社は、すでに来年版のつゆの開発に着手しているんだとか。

さらに

『2014年版おでん』の特徴について語っている。

 

 

【セブンイレブン】

セブン

 

つゆのダシに最も定評があるが、

さらにダシのうま味や風味が一段と増したという。

大根・たまご・ちくわの定番具材の品質を向上。

9月から野菜メニューも増やすとの情報も。

 

 

 

【ローソン】

lawson

 

つゆは焼津産の鰹節を使用し、追いかつお製法で旨みをアップ。

店舗での仕込みの際、鰹節を入れることでより風味と香りを楽しめる。

具材のいちおしは、

ローソンファームでミネラル栽培された大根

 

 

【ファミリーマート】

ファミマ

全国を5地域に分け、嗜好性に合わせたつゆを提供。

具材は80円、90円、100円、120円、200円の5種類の価格に変更。

電子レンジでそのまま暖められる容器に順次変更するなどの工夫を凝らす。

 

 

【サークルKサンクス】

サークルK

つゆは焼津産鰹節の他、高級感のある枕崎産鰹本枯節を使用し風味を増す。

定番具材の調理法などを見直しレベルアップ。

変り種具材を毎月投入し飽きのこない商品ラインナップを展開。

 

 

清水氏は各チェーンのお披露目セールの際、

定番具材で食べ比べしてみることを勧めている。

 

 

シーズンには一日に1000個売れる日もあるというコンビニおでん。

つゆが「関西風」なのも、

色が濃い関東風よりも、

お客さんが具材をよく見て選べるようにという工夫からだという。

各社の創意工夫と、各店舗の努力が伺える。

 

 

 

まもなく始まるおでんの季節。

みなさんは、どこのおでんを食べますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る