病院直通バスのナンバープレートが不吉すぎる!?

車のナンバープレートのナンバーを気にする人は多いですね。

ナンバープレートを指定できるようになってからは

特に縁起の良い数字や誕生日や記念日を

愛車のナンバーにするのはよくあることです。

しかし、今、兵庫県三木市内から北播磨総合医療センターへ

向かう直通バスのナンバープレートが物議を醸しています。

bus

この直通バスは二つのバス会社が昨年10月から運行しています。

予備車両を含めて22台あり、そのうち13台のバスのナンバーが

「42」で始まっているのです。

運行開始直後から「不吉だ」という苦情が寄せられ、特に不評だった

「4269(死にむく)」

「4251(死にこい)」

「4250(死にごろ)」

のナンバーを変更しています。

その後、苦情は落ち着いたかに見えましたが、8月19日の

市会総務建設常任委員会で

「42から始まるバスには乗りたくないという人がいる」

との指摘がありました。

バス会社側は

「病院へ行くという特別な路線なのでできる限り対応はしたい」

と述べていますが、実際、ナンバーを変更するには

神戸運輸管理部まで車を持っていかなければならないこと、

費用がかかることもあり、市は費用対効果も考える必要があり、

判断が難しく、まずはどのくらいの人が不快感を持っているか

調査したいとのことでした。

 

確かに病院に行こうとバス停でバスを待っている時に

「4269」「4251」「4250」などというナンバーのバスが来たら

嫌な気分になりますね。

そのナンバーを変更した判断は妥当ですね。

3つのナンバーを変えることにより、明らかに不吉なナンバーは

なくなったものの、残りの10台のナンバーの始めの数字が

42というのが気になってくるというのも理解できます。

普通の路線バスならまだしも、病院に行くバスなので、

深刻な病を抱えている人が見るとストレスになりそうですね。

まして、重大な病気の検査の結果が出る日に42から始まるバスが来たら

病院にいくまでの道のりはかなり辛いものになるのではないでしょうか。

しかも、それで悪い検査結果が出ようものなら、やっぱり・・・と

変な噂が流れるのも時間の問題かもしれません。

そして利用者が減るなどということになれば大変ですよね。

そうなるなら、順次、驚くほど縁起のいいナンバーを指定して

変更していけば利用者も増え、話題にもなると思うのは私だけでしょうか?

実際、ナンバーを気にしている人はどれくらいいるのでしょうね。

あなたは気になりますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る