私的契約で2億円!?認可保育園が親心を利用して仕組んだ裏金の行方は・・・

子どもにより良い環境を与えてあげたいと思うのが親心というもの。

保育園

 

それを利用して

横暴していた事実が明らかになったのが

新潟、兵庫、福岡、長崎の4県にある

実に14もの認可保育園だ。

 

これらの認可保育園は、

「私的契約」という形で

定員を超える計約300人の園児を預かり

総額2億円の保育料を得ていたというのだ。

 

 

県や政令市などが2009~13年度に行った特別監査で明らかになったのだが、

その使い道が呆れたものだった。

 

なんと

職員同士の飲食に使ったり

園長が私的に流用していたというのだ。

 

保育園には

認可保育園認可外保育園がある。

 

認可保育園というのは、

広さや設備、職員の数や資格、保育内容などが、

国の設けた最低基準を満たすことで認可された保育園のことで

国や自治体から運営費が大幅に補助されている。

 

 

認可保育園の場合、

入園手続きなどは自治体が窓口になっており、

家庭環境や居住地などを考慮し入園先を決めるのだが、

定員割れしている園に関しては、

保護者と園側が直接話し合うことで入園させることが可能となる。

 

今回問題になっている14園は、

定員を満たしているにもかかわらず

「私的契約」という形で県などに報告しないまま

園児の受け入れを行っていたのだ。

 

 

現在の保育園の待機児童が増えている。

その中には、入ることができる園があるにもかかわらず

希望の園に入れるまで

自主的に待機している場合も多く

今回の事件はこのような親がターゲットとなったのではないだろうか。

やはり人気の園に入れたいと思うのだろう。

 

ちなみに、認可外保育園というのは、

その幅が広く、保育ママのような託児所から準認可保育園まで様々だ。

小規模の利点を生かした保育ができたり、

家庭的な保育を行う園があったりして、

評判の高い施設も多くある。

認可保育園の場合は直接施設に申し込むことになるのだが、

私の住む地域でも

人気の園に入るために

朝の2時から並ぶという話を聞いたことがある。

 

 

子どもをより良い保育園に預けるため保護者は必死だ。

 

それなのに違法に預かり、保育料を私的流用したとあれば

その怒りは想像以上だろう。

 

 

そんな考えの園が

これまで良い保育を行えていたのか疑問に思えて仕方ない。

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る