【従軍慰安婦問題】記事を書いた記者が○○に再就職!?驚きの再就職先とは・・・

65a55213

 植村 隆(うえむら たかし、1958年 ‐ )は、

北星学園大学非常勤講師、元新聞記者、元朝日新聞社社員。

1991年、いわゆる従軍慰安婦問題を初めて報道したが、

事実に反する捏造であったと指摘されている。

妻は韓国人で、その母親は

慰安婦等の支援団体「太平洋戦争犠牲者遺族会」の会長。

【経歴】

高知県生まれ。

土佐中学校・高等学校、早稲田大学政治経済学部卒業。

1982年、朝日新聞入社。

千葉支局、大阪本社社会部、テヘラン支局長、

ソウル特派員、外報部デスク、北京特派員、

朝日カルチャーセンター札幌教室講師を経て、

北海道放送センター函館支局長を務めた。

2014年3月に朝日新聞を早期退職し、

4月より神戸松蔭女子学院大学教授に就任予定であったが、

当大学はホームページ上にて

植村との雇用契約を解消する旨を公表した。

従軍慰安婦問題を捏造したことへの批判が殺到した為、

大学側が採用を見送ったとみられる。

2014年4月より北星学園大学で非常勤講師として、

国際交流科目の講義を担当[6]し、

主に韓国からの留学生を対象に韓国語で講義を行っている。

韓国語の学習のため、朝日新聞社入社後に

延世大学校へ留学した経験があり、韓国語に堪能。

引用元:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A4%8D%E6%9D%91%E9%9A%86

【週刊文春】
慰安婦火付け役 朝日新聞記者は
お嬢様女子大クビで北の大地へ

植村氏といえば、日本軍人相手に売春行為を強いられた朝鮮人従軍慰安婦が

ウル市内に生存していることがわかったとする記事を書き、

慰安婦問題の先鞭をつけた記者である。

いまではこの記事に捏造と言えるほどの

重大な誤りがあることが明らかになっているが、

当時はこの記事をきっかけに韓国世論が沸騰し、

日本政府はいわゆる河野談話を発表。

強制連行を認めたとの印象を世界中に与える事態を招いてしまった。

その植村氏、小誌2月6日号の記事

「“慰安婦捏造”朝日新聞記者がお嬢様女子大教授に」

で明らかにしたように、今年3月で朝日を早期退社し、

4月から神戸松蔭女子学院大学で教授となる、はずであった。

「文春の記事で批判が殺到し、神戸松蔭女子学院大学側は、

植村さんと結んでいた雇用契約を3月に解消したのです。

すでに朝日を退職することが決まっていた植村さんはこれに激怒して、

解約の無効を求めて大学を訴えると息巻いていました」

(朝日新聞関係者)

2月6日号の取材では、植村氏は

職場の朝日新聞函館支局を訪ねた小誌記者から走って逃げるばかりで、

自らの記事について何ら説明することもなかった。

女子大教授の夢も叶わず、朝日も退社した植村氏は今、

北海道内の大学で非常勤講師をしているという。

「札幌市内にある私立大学の北星学園大学の非常勤講師です。

慰安婦問題についての記事の誤りが明らかになり、

処遇に困った会社が彼を北海道の支局で塩漬けにしていた2年前から

講座を受け持つようになったことが縁だそうです」

(同前)

だが、大学事務局に植村氏本人と連絡を取りたい旨を申し出たところ、

植村氏が非常勤講師をしていることすら、なかなか明らかにしようとしない。

同大学関係者が話す。

「非常勤講師をしていると知った保守系団体が

キャンパスのそばでビラ配りをしたこともあって

大学はナーバスになっているのです。

学内で慰安婦問題の記事に触れるのはタブーで、

誰も植村さんにこの話をしようとしません。

大学では主に韓国からの留学生を対象に、

『メディアで読む日本 そして世界』という講義などを担当しています。

朝日の記事を学生に読ませて

日本国内の問題や国際情勢について考えてもらうというもので、

『早口だが、丁寧に教えてくれる』と評判です」

韓国人留学生に対し、自らの捏造記事を用いて

再び“誤った日本の姿”を刷り込んでいたとしたら、

とんでもない売国行為だ。

あなたはこの問題、どう思いますか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る