【閲覧注意】原爆投下によって消えてしまった、一つの女学校の話が悲しすぎる…

昭和20年(1945年)8月6日、広島に原爆が投下された。
一瞬にして10万ともいわれる市民が死亡、市内一面が焼け野原となった。

広島電鉄も、在籍していた1,241人のうち185人が即死、266人が負傷
路面電車は123両のうち108両被災した。

熱線によってレールは歪み、変電所はつぶれ電気の送信を行えず、
電柱は842本中393本が倒壊、架線も九割が被害を受けたという状況で、
社員は、直後から復旧作業にあたった。
東京電信隊など30~40名の協力も得て
被爆三日後には、単線ではあるが己斐~天満間の電車運行を再開させた。

女学生たちはその電車の運転や車掌をつとめ、
また同級生の怪我の看護や野辺送りをおこなったという。

その間に迎えが来る者も、死ぬ者も。

原爆により広島電鉄の従事職員は211名、女生徒は30人が死亡した。

8月15日、終戦宣言。

戦地に赴いていた男性職員が帰ってくる事となり
9月30日、宗藤先生により家政女学校の解散が告げられた。

戦争によって開校された家政女学校は、
原爆によって、ただ一人の卒業生も出す事も無く消えた。

Z_Gen01

Z_Gen02

Z_Gen03

Z_Gen04

Z_Gen05

Z_Gen06

Z_Gen07

Z_Gen08

Z_Gen09

Z_Gen10

Z_Gen11

Z_Gen12

Z_Gen13

Z_Gen14

Z_Gen15

Z_Gen16

Z_Gen17

Z_Gen18

Z_Gen19

Z_Gen20

Z_Gen21

Z_Gen22

Z_Gen23

Z_Gen24

Z_Gen25

Z_Gen26

Z_Gen27

Z_Gen28

Z_Gen29

Z_Gen30

Z_Gen31

Z_Gen32

Z_Gen33

Z_Gen34

Z_Gen35

Z_Gen36

Z_Gen37

Z_Gen38

Z_Gen39

Z_Gen40

Z_Gen43

Z_Gen44

Z_Gen45

Z_Gen46

Z_Gen47

Z_Gen48

Z_Gen49

Z_Gen50

Z_Gen51

Z_Gen52

Z_Gen53

Z_Gen54

Z_Gen55

Z_Gen56

Z_Gen57

Z_Gen58

Z_Gen59

Z_Gen60

Z_Gen61

Z_Gen62

Z_Gen63

Z_Gen64

Z_Gen65

Z_Gen66

Z_Gen67

Z_Gen68

Z_Gen69

Z_Gen70

Z_Gen71

Z_Gen72

Z_Gen73

Z_Gen74

Z_Gen75

Z_Gen76

Z_Gen77

Z_Gen78引用元:http://homepage3.nifty.com/sasurai/Genbaku.html

 

広島では今でも、原爆が投下された8:11になると

会社・学校・地域全てで1分間の黙祷が行われています。

戦争のない今の日本の幸せを守り続ける方法を

今一度、みんなで考えてみませんか?

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る