自分のことを無視していた親に送る、息子からの手紙があまりに衝撃的な内容だった…

lgf01a201312211600

自分の子育てが正解だったのか失敗だったのか

3連休の終わりに聞いていってください。

 

俺は転勤の多い職。1,2年に1度はする。

単身赴任はせず、家族みんなで引っ越ししてきた。

子供は息子が1人。

 

転勤族にしてしまった息子には

友達がほとんどできなかった。

 

いじめられていたわけではなかったけど、

行く先々で友達ができては引っ越しの繰り返しで

交友関係がリセットされてきた。

 

今でこそSNSで物理的に離れても

繋がる関係はあるけど、当時はない。

 

一度だけ、強く引っ越しに反対したことがあった。

小学3年の時。

 

初めて親友と呼べるくらいに仲良くなって、

うちにも何度か遊びに来てくれた友達がいた時。

 

それでも引っ越しはした。

その後、息子は自分から友達を作るのをやめた。

 

息子は成長して高校、大学へ行ったが、

友人関係はすべて淡白だった。

部活もサークルもやらなかったし、

休日に友人と街中に遊びに行くこともなかった。

 

俺の知ってる限りでは女の子との付き合いもない。

学校以外では基本は家にいて本を読んでいた。

 

大学を卒業して息子はニートになった。

 

就活の際、大学は地元国立大なので、

毎回書類審査と筆記はパスしているけど、

面接に行くと毎回落とされてきた模様。

 

それでも地道に努力はして、

昨年25歳で地方公務員の内定がでた。

 

だけど就職と同時に息子は家を出た。

 

俺と妻の知らない間にバイトして

金を貯めていたらしい。

 

引越し先は教えてくれなかった…。

 

引っ越しが終わって、

「あなた達との縁はこれまでです。」

突然の敬語調に俺ら夫婦オドオドしてた。

息子は口下手なので、

この日のために書いたであろう手紙を

朗読して渡してくれた。

続きはこちらから

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る