【衝撃】ヤクザをエアガンで襲撃したら、とんでもないことになった…

当時、中学3年生だった俺は、

暴力団や宗教団体の蔓延る荒れた町に住んでいた。

 

そんな町で育ったせいか、

好奇心旺盛なヤンチャなガキだった俺は、

毎日悪さを繰り返し、刺激を求めていた。

 

 

だが、もう一通りのことは
遊び尽くしてしまい、
普段の生活に嫌気がさしていた。

 

そんな15歳の誕生日。

 

親父にエアガンを買ってもらった。

 

年齢制限がある超強力なやつだ。

 

そしてその時、あるアイディアが頭によぎった。

「エアガンでヤクザを狙撃しよう」

 

この後、彼は想像を遥かに超える
衝撃の結末を迎えるコトに・・・

↓ ↓ ↓

続きはこちら

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る