【感涙】ドクター達が11歳少年の遺体に敬礼!その理由に涙があふれます…

動画で紹介されているのは、

リャン君という11歳の少年だ。

 

彼には、死期が近づいていた。

彼の脳に出来た腫瘍は悪化の一途をたどり、

もはや助かる見込みなどなかったのだ。

しかし彼は、最後の力を振り絞って

家族に対し、自分の最後の願いを口にした。

 

「僕の身体が蝕まれる前に、臓器を提供してほしい」

 

そして2014年6月6日、

リャン君は静かに息を引き取った。

直後、ドクターたちは彼の最後の願いを叶えるため、

身体の中から腎臓と肝臓を摘出。

 

手術室から出てきたリャン君の遺体に対し、

誰からともなく、深く頭を下げたのだった。

 

リャン君の将来の夢は、ドクターになることだった。

ついに叶うことはなかったが、

彼なりの形で、医療に貢献することになった。

 

彼の遺体はこの後、医療学校へと寄付されることになる。

彼のもう一つの願い・・・

「たくさんの命を救う、

未来のドクターを育ててほしい」

それを、叶えるために。

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る