【金爆】ゴールデンボンバーが握手券商法を批判し”特典0”のCD販売に挑戦!

7d5b389b

4人組エアバンドのゴールデンボンバーが

8月20日に発売するシングルCD「ローラの傷だらけ」で、

“特典ゼロ”に挑戦する。

CDは楽曲のみを収録し、ジャケットは真っ白。

写真や映像特典、握手会チケットなども付けない。

 

「したかったのは、このCDを買うという行為

=曲(歌)のみを買うという行為」

 

――ボーカルの鬼龍院翔さんが7月7日、

自身のブログで特典ゼロの意図を語った。

 

 売り上げは、さまざまな特典を付けて4形態で販売した

前回のシングル「101回目の呪い」の5分の1となる

3万枚程度に落ち込む見通しだが、

売り方のPRも大々的に行い、より多くの人に

「CDとは、音楽とは」を考えてもらうきっかけにしたいという。

 

 鬼龍院さんは1984年生まれ。

「CDがバカ売れしてきた90年代を生きてきた僕らは

今はCDが売れない時代と言われつつも

どこかCDが売れることを願っている」

が、

「今消費されるCDは特典の方に需要が傾き、

収録された音楽、歌のほうが

オマケのようになってしまっている」

と打ち明ける。

 

「CDに音楽以外の特典を付けて売ってるのはアイドルだけじゃない」

「僕はCDに握手の特典を付けるのを辞めたい」

とも。

「音楽以外が目玉となったCDを売るほうが

(写真集を出して握手会するより)

ミュージシャン自身はモヤっとする」

が、

「純粋に音楽を売りたい、

けどそうはいかない現状で

戸惑いながらみんな音楽活動をしている」

という。

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る