ヤマダ電機が23歳の契約社員をいきなり管理職にして休み無しでこき使った結果

fed830d1

家電量販トップのヤマダ電機「テックランド柏崎店」(新潟県柏崎市)は

2007年9月、開店準備の最終段階を迎えていたが、

開店を2日後に控えた19日午前2時ごろ、

新任フロア長だった清司さん(23歳、姓は匿名)が、

社宅で首を吊って過労自殺した

清司さんは、04年末にヤマダ電機に契約社員として中途入社し、

死亡する約1か月前、正社員登用と同時に管理職になったばかり。

専門学校卒業後、初めての正社員であり、

正社員経験のない若者を管理職に就ける人事は一般にはありえない。

労災認定した労基署の調査によると、死亡数日前には、

自分が何をすればいいか分からず、

フロア長の役割を果たすことができなくなったという。

23歳の契約社員をいきなり管理職にして過労死に追い込んだヤマダ電機。

ヤマダ電機の郊外型店舗「テックランド柏崎店」(新潟県柏崎市)は、

2007年9月、開店準備の最終段階を迎えていた。

店長を含めた管理者5人は9月5日に同店に入り、

本社の支援チームらとともに、21日の開店を目指して店舗構築を開始した。

管理者5人のうちの1人が、新任フロア長の清司さん(23)だ。

担当はAV機器を扱う黒物フロアで、3週間前にそこの管理職になった。

入社前、履歴書の本人希望欄に

「オーディオ関係の売り場を希望します」と書いていたから、

ひとつの願いが叶ったわけだ。

しかし、開店を2日後に控えた9月19日午前2時ごろ、

社宅で首を吊って死亡した。

発見されたのは同日昼ごろ。

出勤して来ないのを心配した店長が社宅を見に行ったところ、

声を掛けても返事はなく、警察とレスキューが内鍵を壊して中に入ると、

ネクタイを首に巻いて縊死していたという。

赴任からわずか15日目、管理職になって35日目だった。

死亡直前の午前0時ごろには、

仕事を終えて同僚と行った「すき屋」で、大盛りとサラダを完食したという。

清司さんの死亡は、長岡労働基準監督署長が11年6月に労災認定した。

労基署の調査復命書によれば、

清司さんの死亡前1か月の残業時間は106時間21分にのぼる。

とくに忙しくなった開店直前は連日午前0時過ぎまで仕事が終わらず、

残業時間は1週間で47時間30分に達し、

赴任後は休みを取れなかったという。

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る