韓国「ゴミ拾いの起源は韓国!日本のサポーターがゴミを捨てたのを韓国人が拾ったのが起源。日本人がそれをパクッた」

スクリーンショット 2014-06-24 14.16.39

ブラジルW杯でも、話題になっている

日本と韓国サポーターによる、試合後のゴミひろい。

86メキシコワールドカップの出場権をかけ、

国立競技場で行われたアジア(当時は極東アジア地区)最終予選の韓国対日本戦。

木村和司のフリーキック等、多くの見せ場を作った結果は2-1で韓国に軍配。

金正男VS森孝慈の韓日監督決戦は今も両国サッカー史で伝説として語り継がられている。

試合終了後、日本のサポーターはグランドに向かって、

応援グッズや空き缶などのゴミを投げ捨て、うっぷんを晴らした。

だけでなく、バックスタンドで応援していた在日韓国人約5000人の

韓国サポーター席にも、このゴミを投げ飛ばした。

しかし、韓国サポーターはほぼ全員、自分たちの座っていた

スタンド席はもちろん、周辺のゴミを集めて、清掃。

この光景を見ていた少年が、後のウルトラスニッポンの代表だ。

その12年後。2002年W杯が韓日共催に決まった年。

1997年9月28日、98フランス大会の出場権をかけたアジア最終予選。

ふたたび国立競技場での両国が決戦、スコアも2-1と同じ結果。

この在日韓国人のゴミ集めを見習い、

彼は青のビニール袋持参をサポーター仲間に呼びかけた。

日本のホームカラーでもある青のビニール袋を膨らませ、

スタンドを青一色にするねらいもあったが、

本当の目的は試合後のゴミひろいだった。

約1カ月後の11月1日。

ソウル蚕室スタジアムで日本は韓国とのアウエー戦。

スタンドには韓国サポーターによる

「一緒に行こう!フランスへ」

と書き染められた大きな横断幕が掲げられた。

日本が2-0で勝利。

グルーブ2位となりプレーオフの末、悲願の初出場を決めた。

「FIFAフェアプレー」。

彼はいつも、このキャッチフレーズを口にしていた。

試合は選手もサポータも全力で戦おう。

でも、試合後は互いを称え合い、エール交換を。

韓日両国は宿命のライバルでありながらも、常に切磋琢磨しながら、

世界のトップクラスと互角の戦いをするまでに至った。

民間レベルのこのような理解と触れ合いが今こそ必要なのだ。

引用元:http://www.mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?page=1&subpage=902&corner=5

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る