「どうして犬は人間よりも寿命が短いの?」に対する少年の答えが感動的すぎる

child_dog01

とある獣医が、愛犬を安楽死させなければならない家族に出会います。

その家族の中でも、特に愛犬をかわいがっていたのが

6歳の男の子、シェーンくんでした。

彼が、愛犬の死後に口にした言葉に、誰もが心救われます。

大切なペットがいるあなた、ぜひ読んでみてください。

**********

あるとき、私は、ベルカーという名の、

10歳のアイリッシュ・ウルフハウンドを診察した。

飼い主のロン、リサ夫婦と、その小さな子供シェーンは、

ベルカーをとても愛していて、

どうか奇跡が起こってほしいと願っていた。

 

しかし、ベルカーは末期のがんに侵されており、もう打つ手はなかった。

私は、ベルカーを苦しみから解放するために、

彼ら家族に安楽死をすすめることしかできなかった。

すると、ロンとリサは、

「シェーンも安楽死に立ち会わせたい」と言ってきた。

その体験から、なにか学べることがあるかもしれない、と考えたそうだ。

 

翌日、私はベルカーの安楽死に、彼の家族とともに立ち会った。

シェーンはとても落ち着いていて、

最後まで、ベルカーをやさしくなで続けていた。

数分後、ベルカーは、静かに息を引き取った。

シェーンは、その死を穏やかに受け入れているように見えた。

 

ベルカーの死後、私たちは、すこし話をした。

そこで話題に上がったのが、

なぜ動物は、人間よりも寿命が短いのだろう?

という悲しい事実に対する疑問だった。

 

そのとき、シェーンが突然言ったのだ。

ぼく、その理由を知ってるよ

私たちは驚いて、シェーンを見つめていた。

次に彼が説明した”その理由”、

私は、あれほど心が慰められる言葉を聞いたことがない。

 

 

シェーンは、こう言ったのだ。

人は生まれてきてから、

だれかを愛すことや、幸せに生きる方法を覚えるでしょ?

でも、犬はその方法を初めから知ってるんだよ。

だから、長く生きる必要がないんだよ。

LINEで送る




人気記事ランキング

関連記事



ページ上部へ戻る